お待ちかねのスマホ版。torne(トルネ)mobileをいろんな端末で試してみました

3月18日、あの「torne(トルネ)」がリリースから5周年を迎えました。おめでたい!

『PS3』用の地デジチューナー+録画アプリとして登場してから、
ネットワークレコーダー『nasne(ナスネ)』の登場を経たのち、
携帯機『PS Vita』、また『PS Vita TV』や『PS4』用のアプリが次々にリリース。
そして5周年を迎えたこのタイミングで、ついに“PlayStation”以外の端末で「torne」が使えるようになります。

スマートフォン・タブレット用TVアプリケーション「torne(トルネ)™ mobile」本日2015年3月18日(水)より配信開始
http://www.scei.co.jp/corporate/release/150318.html

待望のスマホ&タブレット版「torne」。しかもAndroid&iOS両端末で、即日同時解禁!
『nasne』を持っていれば、このアプリで録画したり予約したり、外出先からリモート視聴もできますよ。

対応OSはAndroid4.1.0以降、iOS7.0以降ということで、かなり多くの機種で使えそうです。
ダウンロードは無料。(別途アプリ内課金あり。後述)

blog20150319_01
とりあえず大喜びで、手近なスマホ・タブレットに片っ端から「torne mobile」をインストールしてみました。

まずは現在メインで使っている『Xperia Z1 f』(Android 4.4.2)で基本機能をチェック。
blog20150319_02

blog20150319_03
▲「torne」と言えば機能のアイコンがサークル状に並んだ画面(写真上)がおなじみですが、タッチパネル向けに設計された「torne mobile」(写真下)では、各機能をタップしやすいように二列に整頓されてます。

blog20150319_04
▲番組表! 『PS3』や『PS Vita』で慣れ親しんできた快速・サクサクをバッチリ継承。

blog20150319_05 blog20150319_06
▲ヨコ持ちからタテ持ちの切り替えもOK。文字サイズはピンチイン・アウトで拡大・縮小できて気持ちイイ。

blog20150319_07
▲録画予約の人気ランキング(トルランキング)機能もフルサポート。

blog20150319_08 blog20150319_09
▲放送中番組も、録画番組も、いつでもどこでも『nasne』からストリーミングで楽しめます。
テレビ視聴機能の利用には500円をアプリ内課金で支払う仕組み。

blog20150319_10
▲外出先からのリモート視聴時にはチャプターの頭出しができませんが、サムネイルからシーンにジャンプする「ビジュアルシーンサーチ」に対応しているのが特長。

blog20150319_11 blog20150319_12
▲ちなみに「torne mobile」では、「torne PS4」から登場している「torne」イメージキャラ“トルネフ”も参戦。
これから放送の気になる番組を教えてくれたり、ミニゲームで遊んでポイントをためたり、時々ちょっかいを出すと楽しいことがありそうな感じ。

さて、メイン使いのスマホ以外でインストールした各端末の様子もチラッと見てみましょう。

blog20150319_13
『Nexus 7』(2013年モデル、Android 5.0.2)。最新のAndroid OSでも快適です。タブレットだと番組表の見やすさが格段に上がりますね。

blog20150319_14
『iPad Air 2』(iOS 8.1)。iOSでもこの通りバッチリ。
ちなみにAndroid版、iOS版とも、「戻る」ボタンが画面上に出てくる仕組みでUIが共通なのが特徴的。

最後に、SIMフリーの格安Android端末にもインストールしてみました。
『Xperia E1 dual』(Android 4.4.2、海外端末)、『freetel priori』(Android 4.1.2)の2端末でお試し。

blog20150319_15 blog20150319_16
▲格安端末では、処理速度よりも解像度の低さがネックになってくるみたいですが、『Xperia E1 dual』(解像度800×480ピクセル)は文字サイズ設定を小さくすることで一応使えています。

blog20150319_17 blog20150319_18
▲『freetel priori』(解像度480×320ピクセル)は、もうチョイで使えそうだったのですが、常に全体的に画面がはみ出してしまっていて実用は厳しいかも。
文字サイズを変えるために、右下にある歯車のアイコンをタップしたいのに、どうしても上に重なっている「トルネフ」に話しかけてしまう(笑)。
ヨコ画面にしたら行けそうでしたが、こちらもNG。

このように色々試してみると、全部が全部の端末で対応…というわけにはいかないみたいですが、
「Xperiaだけ対応!」みたいな形ではなく、このように対応端末をオープンにしてくれたことには拍手を贈りたいですね。

従来からの「torne」好きユーザーはもちろん、これから『nasne』でレコーダーデビュー!という人も取り込んでどんどん盛り上がってほしいアプリです。

blog20150319_19

ソニー・コンピュータエンタテインメント
nasne(ナスネ)
実勢価格:2万3450円
http://www.jp.playstation.com/nasne/