革命的に便利!音声を“キーワード検索”で頭出しするボイスレコーダーアプリ

会議の議事録を作る時や、大学の講義や英会話学習の復習用として録音メモを残す。その際に活躍するデバイスとして今も昔も変わらず重宝されているのがICレコーダー。最近ではスマホのボイスレコーダーアプリも多く使われているでしょう。個人的にも職業柄、取材時にはあとで記事化するために必ず録音するのでICレコーダー、アプリともに多用しています。しかし、それらの機器はもう捨てたくなってしまうほど、革命的に便利なアプリがカシオから登場しました。

キーワード頭出し ボイスレコーダー
価格:500円(3/26~4/30まで期間限定で300円)
iOS専用

blog20150326_1

blog20150326_2
簡単に説明すると、音声ファイルの中で発言されている単語を検索して、その単語が発言されている箇所から頭出し再生してくれるアプリです。

標準の検索キーワード入力画面の上部にある、検索窓に検索したいワードを入力します。例えば「アプリ」などと入力すると、音声内で「アプリ」というキーワードが使われている箇所が検索されて、その箇所から音声がスタートできるんです!

blog20150326_3

これは個人的に「ついにきた!」感のある機能です。今まで取材の音声ファイルなどを聴き直す時に「あの話してるところだけ聴きたいのに~!」という場合でも、そこが録音を開始して何分経ったところかなんて覚えていないので、不要な部分も含めて聴き直さなければならず歯がゆい思いをしていました。そんなムダな時間を一気に消滅できる! 今まではどんなに時間を短縮しようとしても、該当箇所にタグ付けする必要があり、少なくとも一回は聴き直す必要がありましたから。

さてこのステキ機能は、カシオ独自の音声解析技術を駆使して実現しているとのことですが、さすがに100%の検索精度とはいかないので、最少30~最大200個の検索候補を出してくれます。

blog20150326_4

ここまでくるともう完璧。録音メモとして言うことなしです。
もちろん現行のボイスレコーダーが揃えている、いくつかの音声補正機能も備えています。

blog20150326_5
▲「無音スキップ」機能。無音箇所の検知精度も3段階用意されているので、外の音が大きく人の声と区別が付きにくい箇所でも調整がききます。

そのほか、定番の「ノイズ低減」機能も用意。低減具合いは、空調に近いと若干の遠近感が生じる程度ですが、用途としては会議室などが想定されるので十分ではないかと。

blog20150326_6
▲タグ位置の調整や、会話速度の調整も標準機能として装備しています。これだけ揃って500円(4月30日までは期間限定で300円!)ってちょっとこれ安すぎませんか? 業種にもよりますが、会議がある仕事の人なら迷わず入れておいて損は無いと思います!

あと個人的な希望ですが、同じスマホ端末でラジオの録音ができるとうれしかった。現状では同じ端末でラジオを流しつつ録音することはできません(もちろんPCやコンポから流すラジオをこのアプリで録音することは可能)。それが可能であれば、例えば欠かさず聴いている番組だったら「今日はあの回のこのコーナー聴きたいなー」なんて希望にも、コーナー名を単語検索するだけですぐに対応できます。ちょっとニッチな使い方かもしれませんが、音声ファイルの編集がいらないので結構良いんじゃないでしょうか。

しかし最近カシオのアプリは攻めている!
以前に紹介した『Chordana Composer』も面白い発想でしたが、『キーワード頭出し ボイスレコーダー』と同時発表されたこのアプリも面白かった。

撮ってキャラスタジオ
価格:無料(アプリ内課金あり)
iOS/Android(iOSは4月公開予定)

blog20150326_7 blog20150326_8

顔写真をキャラクターに変換し、自前のスタンプ画像にできるアプリです。LINEのスタンプとしても使えるアプリですね。このアプリのポイントは「あえて本人に似せない」ことだとか。確かに忠実に描かれても、なんか自分のイメージと違ったりしますよね。

実用系、おもしろ系ともに新しい発想で取り組んでいるカシオ、アプリに今後も期待です! まずは、さっそく仕事用に『キーワード頭出し ボイスレコーダー』をインストールしたいと思います!