男だってお手入れ必須!メンズグルーミングギア最新事情

男性美容研究家の藤村岳氏によると、男性の加齢は40代になると、一気に訪れるという。それまでは何もケアしなくても、なんとなく肌つやが良く、健康に見えていた人が、一気にシワやくすみが目立つようになり、老けて見えるようになるのだ。

そんな“加齢なる”変貌を防ぐためにも大切なのが、毎朝のちょっとした時間で行なうケアだ。例えば、高機能シェーバーの代表である、ブラウンの『シリーズ9』なら、肌にストレスを与えることなく、短時間でつややかに髭が剃れる。また、フィリップスの『ソニッケアー ダイヤモンドクリーン』で白い歯をキープすれば、清潔感もアピールできる。

さらに肌ケアの最も基本である洗顔に対して、専用のグルーミングギア『メンズピザピュア』が登場した点にも注目だ。手でごしごし洗うのではなく、ブラシでやさしく泡立て洗うことで、肌自体に傷をつけず、効率的に汚れは落とせるからだ。

ここに紹介する様々なメンズグルーミングギアを活用して、新生活は清潔感あふれる男前3割アップを目指したい。

20150401_a
ブラウン『シリーズ9 9090cc』(実勢価格=4万2800円)。全方位に生えるヒゲや寝たヒゲを効率的に捉える新テクノロジー「人工知能デュアル連動刃」を採用したシェーバー。毎分1万回の音波振動や、889パターンの網目を持つディープキャッチ網刃が、ヒゲを根元から捉えてカット。丸ごと水洗いできるほか、アルコール洗浄システムも付属。

20150401_001
上下の網刃に挟まれた新開発の「人工知能デュアル連動刃」で、中央の青い部分が、「極薄リフトアップ刃」。これらの組み合わせで、深剃りと肌への優しさを追求する。

【評価人のコメント】
これまでのシリーズより内刃、外刃ともに進化し、剃り味も上がっている印象ですね。また、肌への優しさも、これまでのシリーズと比較しても、大幅に向上していますね。そして何よりも魅力的な特長が、充電すると同時に、アルコール洗浄に対応していることです。ヒゲを剃るとどうしても皮脂も一緒に取れてしまい、それが雑菌の温床になるから。それをアルコールで殺菌できるのは、ブラウンだけの魅力です。(藤村)

20150401_b
ビーズ『マルチトリマー BET-01』(実勢価格=4600円)。手軽に携帯できるサイズで、鼻毛から、ヒゲ、眉毛などをさっとメンテナンスできるマルチトリマー。ヘッドを交換するだけで、各トリマーに簡単に交換でき、さらにコームをセットすることで長さ調整も可能。水洗いにも対応しているので、いつでも清潔に保てる。

20150401_002
鼻毛カッターのほかにヒゲトリマー、細部トリマーが付属。ヒゲコーム、眉毛コーム(ショート・ロング)と併せて、専用のソフトポーチに入れて携帯できる。

【評価人のコメント】
これ1本持っているだけで眉毛や鼻毛など、顔の毛のケアが簡単にできます。特別な機能があるとは言えませんが、コンパクトに収納して持ち歩けるので、日常から身だしなみを整えるためにはもちろん、旅行先などでさっとケアしたい時などに便利そうです。今回チェックした赤い本体は、男女兼用というイメージだと思いますが、個人的にはカラー展開されている黒が気になります。(藤村)

20150401_c
フィリップス『ソニッケア- ダイヤモンドクリーンブラック HX9353/54』(実勢価格=2万8800円)。ブラシヘッドを毎分約3万1000回高速振動と幅広い振幅の組み合わせにより音波水流を作り出し、歯の隙間の歯垢まで除去できる音波振動歯ブラシのブラックモデル。置くだけで充電できる無接点充電対応のグラスを用意。使っていない時のデザイン性の高さも魅力だ。

20150401_003
携帯用のケースにはminiUSB端子を搭載し、PCのUSB端子などから充電が可能。約3週間利用できるため、出張にも携帯できる。

【評価人のコメント】
既存モデルのカラーバリエーションですので基本的な洗浄機能などは共通です。個人的に10年弱ほど使っており、ソニッケアーシリーズの磨きごこちは非常に好み。ホワイトニングなど、各種モードも備えているのも満足です。また、ブラシ部分までしっかりブラックになっているなど、デザイン性の高さは特に評価したいですね。(藤村)

20150401_d
フィリップス『メンズビザピュア MS5075/17』(実勢価格=1万9000円)。回転ブラシと音波振動による立体的な動きにより、毛穴の奥から汚れを浮き立たせ、しっかりと洗浄するフェイスケア用のギア。回転速度は180回転/分の低速と、250回転/分の高速という2つのモードを用意し、その日の肌の状態や汚れによって使い分けられる仕組み。ブラシも敏感肌用とノーマル肌用の2つのブラシを同梱する。

20150401_004
肌の状態に応じて2つの付属ブラシを使い分けることが可能。ブラシの毛先は毛穴よりも細い50〜75ミクロンで毛穴の奥までしっかり届く。

【評価人のコメント】
男性はゴシゴシ洗えばいいと思っている方が多く、洗顔の方法が間違っています。だからこそ、この製品のような洗顔ブラシをおすすめしたいと思っています。グリップ感もちょうどいいですし、これを使うことで、顔の凹んだ部分もしっかり洗えます。また、力を入れて洗わなくても、洗った感があるので、ゴシゴシ派の方も満足してくれるはずです。(藤村)

20150401_e
ハイアールアジア AQUA『ハンディ洗濯機コトン HCW-HW1』(予想実勢価格=1万800円/3月上旬発売予定)。醤油やワイン、コーヒーなどが洋服に飛び散った時などに、すばやく洗濯できるスティック型の超小型洗濯機。専用のパッドやキッチンペーパーを敷いた上に、汚れてしまった布を置き、毎分700回という高速振動で叩き洗いすることで、汚れを押し出せる。すすぎまで可能だ。

20150401_005
ヘッドを汚れた部分に当ててスイッチを入れると自動的にヘッドが微細に振動する仕組み。手軽に携帯できるだけでなく、毎日の選択時の予洗いにも使える。

【評価人のコメント】
コンセプトが新しく、ニーズを顕在化させた非常に良い製品だと思っています。旅行先などで着替えがない時などには、これがあると非常に便利ですよね。個人的に持ち歩くのはもちろんのこと、ビジネスホテルや飲食店などに置いてあったらうれしいですよね。シャツの襟や袖などにサッと使うことで、目立ちやすい黒ずみ汚れなどを、手軽に落とせそうです。(藤村)

20150401_f
パナソニック『イオニティ EH-NE56』(実勢価格=3710円)。より短時間で効率良く髪の毛を乾かすことができるマイナスイオン搭載ドライヤー。ターボモードを利用すれば、大風量を放出可能。さらにマイナスイオンの放出口が外付けとなっており、熱の影響を受けにくい。本体背面の吸込口もほこりがつきにくい仕様で、清潔に保ちやすい。

20150401_006
速乾ノズルを装着することで風を縦型の強風に矯正でき、その分、風圧をアップすることが可能。毛の量が多い場合でも効率良く乾かせる。

【評価人のコメント】
男性には洗髪後にドライヤーを使わない方が多いのですが、坊主以外の頭でも実はドライヤーでしっかりと乾かした方がいいんです。生乾きのまま放置しておくと、頭皮に雑菌が繁殖しやすいからです。このモデルはお買い得な価格帯ながら、大風量に対応していて、すばやく乾かすことができます。抜け毛や切れ毛を防ぐためにも濡れ髪のまま寝るのではなく、このドライヤーの大風量で8割方乾かすのがいいですね。(藤村)

【評価人】男性美容研究家/藤村岳
雑誌や書籍の編集者を経て、男性美容に特化したライターとして独立。All Aboutメンズコスメガイドを始め、さまざまなメディアやイベントで活躍する。

文/コヤマタカヒロ 撮影/大久保恵造