コンパクト&軽量、自撮りミラーレス『LUMIX DMC-GF7』登場!!

review20150401_01

パナソニック「LUMIX GF」シリーズは、主にエントリー層をターゲットにした薄型軽量のミラーレスカメラだ。その最新作として『LUMIX DMC-GF7』が登場。2013年に発売された『DMC-GF6』の後継であり、デザインを一新した上で、撮影機能の強化やリセットボタンの搭載、Wi-Fi設定の利便性向上などを図っている。
中でも注目は、自分撮り関連の機能がいっそう充実したこと。「フェイスシャッター」や「フレンドリーシャッター」を新搭載したほか、ボディ左肩にある「Fn」ボタンを押すことでシャッターを切ることが可能になる「Wシャッター」など、さまざまな仕掛けが施されている。

■基本性能をチェック
マイクロフォーサーズ準拠入門機
review20150401_02
撮像素子には4/3型の有効1600万画素Live MOSセンサーを、処理エンジンにはビーナスエンジンを採用。これらの仕様は前モデルから継承。

ダブルレンズキットのみラインナップ
review20150401_03
標準ズームおよび望遠ズームが付属。どちらも超小型軽量設計で、2本を合わせたレンズ重量はわずか205g。それでも24〜200mm相当をカバー。

review20150401_04_a
手の平サイズのコンパクトボディにお役立ち機能を満載
標準ズーム装着時の重量は336g。一眼レフの交換レンズ1本と大差ない軽さであり、サブ機としても好適だ。

review20150401_04_b
ボタン類はシンプルにまとまっている。天面にはステレオマイクを備え、フルHDの動画撮影ももちろん行なえる。

review20150401_04_c
手動でポップアップするストロボを内蔵。ただし同調速度が1/50秒と遅いので、自然光の色かぶりには注意したい。

小型ボディにも関わらず自撮り完全対応
review20150401_05_a
モニタを180度回した状態。左右や下方向にはチルトしないのが惜しいが、シンプルな構造で自分撮り用に便利だ。

review20150401_05_b
モニタを回転すると、天面右側のFn/Wi-Fiボタンがシャッターボタンとして使用可能になる。右手で操作しやすい。

自撮りを快適にするサポート機能も盛りだくさん
review20150401_06_a
フェイスシャッター

review20150401_06_b
フレンドリーシャッター

顔を隠してから再び表示するとシャッターが切れるフェイスシャッターと、2つの顔が一定の距離まで接近する撮影が行われるフレンドリーシャッターを新搭載。

review20150401_06_c
モニタを手前に向けると「自分撮りモード」に切り替わる。顔検出や美肌化など、自撮り時に多用する設定にアクセスしやすい。

■画質チェック

review20150401_07
絞りをF8まで絞り込むことで、手前から奥までをシャープに再現した。付属する標準ズーム「LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6」は、コンパクト設計ながら光学性能は良好で、画面周辺までくっきりと解像する。24〜64mm相当という使いやすい焦点距離も魅力だ。

review20150401_08
標準ズームのテレ端で撮影。最短の撮影距離が短いので、ちょっとしたマクロ撮影も気軽に行える。発色はクリアで、解像感はA3プリントにも十分なレベル。これほど小さなボディとレンズで良質な描写が得られると、大きな機材を持つのがおっくうに感じる。

■結論
レンズ交換式なのに、まるでコンパクトデジカメ並に小さくて軽い。初めて『LUMIX DMC-GF7』を手に取った人のほとんどは、そんな感想を持つだろう。厳密なことを言えば、『DMC-GF7』よりもさらに小型軽量のモデルとして、『DMC-GM1』や『DMC-GM5』が既に発売されているので、カメラ新製品に詳しい人なら、大きな驚きはないかもしれない。しかし、他社製品と比べた場合は、これら3台はともに圧倒的な小ささと軽さであることは間違いない。4/3型センサーを採用しながら、ボディおよびレンズを手の平サイズにまとめた同社の技術力にはただただ恐れ入る。
既存モデルとの大きな違いは、液晶モニタがチルト可動式になったこと。「GM」シリーズは携帯性を最優先にして固定式の液晶モニタを採用していたが、今回の『DMC-GF7』ではサイズと重量の増加を最小限に抑えつつ、チルト可動化を実現している。可動の角度は上方向約180度に対応。ローポジション撮影のほか、世界的流行の自分撮りがスムーズに行なえる。
デザイン的には、ボディ天面にある台形の意匠が本機の個性になっている。まるで一眼レフのペンタプリズムのような形だが、これはチルト可動のヒンジ、および内蔵ストロボの膨らみだ。ボディカラーはピンク/シルバー/ブラウンの3色をラインナップ。いずれも銀色の本体を基調に、前面から側面にかけてシボ革風素材を張り付けたツートーンに仕上げている。
撮像素子には4/3型1600万画素センサーを搭載。最高感度はISO25600に対応。連写は、メカシャッター時に最高5.8コマ/秒、電子シャッター時に最高40コマ/秒となる。これらのスペックは、より上位の『DMC-GX7』と比べても遜色ない内容。撮影モードについてもオートからマニュアルまでを完備し、幅広い撮影シーンに対応する。ただし、ファインダーが非搭載で、オプションでも対応していないことと、フラッシュの同調速度が1/50秒と遅いことは留意しておきたい。
快適に自分撮りができるレンズ交換式の小型カメラを求める人にとっては有力な選択候補になるだろうと感じた。

■『DMC-GF7』をおすすめな人は??
旅行用やサブ機にも最適な一台

高画質と携帯性、デザイン性を兼ね備えたカメラであり、高級コンパクトカメラの強力なライバルともいえる。機能も多彩であり、実用系から娯楽系までを満載。付属する2本のレンズに、さらに明るい単焦点レンズを追加すれば、もう何でも撮れる気さえする。EVF非対応が気にならない人におすすめ。旅行用や一眼レフのサブ機にも最適だ。

パナソニック
LUMIX DMC-GF7

[ダブルズームキット]実勢価格:8万4240円

サイズ:W106.5×H64.6×D33.3mm 重量:266g 撮影素子:4/3型Live MOSセンサー 有効画素数:1600万画素 モニタ:3.0型(104万ドット) レンズマウント:マイクロフォーサーズ シャッター速度:1/16000秒〜60秒 ISO感度:100〜25600相当(拡張含む) 連続撮影枚数:約230枚 記録メディア:SDメモリーカード(SDXC対応)

文・作例/永山昌克 撮影/江藤義典