再度チェック!Apple Watchその実力は?

昨年9月に「2015年発売」と告知されたきり、一切の情報が開示されていなかった『Apple Watch』の発売日が発表された。日本を含む世界9カ国で、4月24日にリリース(10日予約開始)。

加えて気になる国内価格も決定。最も廉価なアルミ外装の『Apple Watch Sport』ですら4万円台~と、ライバルである各社スマートウォッチと比べて2~3倍以上の強気な値付けとなった。18Kゴールドを利用したラグジュアリーモデル『Apple Watch Edition』に至っては138万円台~というのだから驚きだ。

正式情報開示後も、アップル初のウエアラブルデバイスということで今だ謎の多い本機。さまざまな新機軸を盛り込み、それがどのように活用され、さらに進化していくのか、多くの期待が集まっている。

デジモノステーション編集長の石森も実機を体験できる機会があったが、「触ってすぐに実感したのが、全体的な“質”の高さ。素材感や操作感など、全ての点で従来スマートウォッチとは比べものにならないレベルとなっています。ディスプレイの表示の美しさ、操作レスポンスの速さ、全てが良好。触った時の気持ち良さという点では合格点です! もはや時計ではなく、新デバイスであると確信しました」と興奮。

もはや時計というジャンルを超えた、アップルの新たな“挑戦”に刮目せよ!

●Apple Watchができること

news20150408_002

・自在なデザインカスタマイズ
Retinaディスプレイで多彩なフェイスを再現。クロノグラフ風フェイスからデジタル表示までさまざまな選択肢が用意される。日付や温度情報を追加するなどのカスタマイズも。

news20150408_003

・新感覚コミュニケーション
「Apple Watch」だけの新機能「Digital Touch」。タッチパネルに描いた絵や、内蔵センサーで取得した心臓の鼓動などを仲間の「Apple Watch」に送ることができる。

news20150408_004

・アプリで機能を追加、拡張
iPhoneなどと同様「Apple Watch』もアプリで機能を拡張可能。iPhoneから専用ストアにアクセスし、気に入ったアプリをダウンロードできる。既に多くのメーカーがアプリ開発を表明済み。

news20150408_001

アップル『Apple Watch』([Apple Watch Sport]Apple Store価格=4万6224円~/[Apple Watch]Apple Store価格=7万2144円~/[Apple Watch Edition]Apple Store価格=138万2400円~)。iPhoneとBluetoothおよびWi-Fiで連携させて利用するスマートウォッチ。メールの着信通知などを「AppleWatch」画面上に表示させたり、「Apple Watch」側からiPhoneを操作したりといったことが行なえる。

※『デジモノステーション』2015年5月号より