何もかもリニューアル!新・Macbookは何が違う?

かねてから期待されていたアップルの超スリムノートブックが、いよいよそのベールを脱いだ。この、薄さ13.1mm、重量920gのウルトラモバイルが今後、『MacBook』のスタンダードとなる。

従来モデルのスタイリングを継承しつつ、ほぼ全面的に最新テクノロジーに置き換えられた本機。特に注目すべきは本体側面スロットが電源コネクタも含めて新規格「USB-C」に集約されたことだろう。この割り切りには、かつて光学ドライブを大胆に切り捨てた『MacBook Air』登場時(2008年)の賛否両論を思い起こさせられた。

ほかにも12型Retinaディスプレイや、キー構造から見直された薄型キーボード&感圧タッチトラックパッドなど、見どころは多数。

実際に触ってみた感想としては「まず最初に気が付くのが画面表示の美しさ。待望のRetina化で非常に見やすくなりました。情報量が増したほか、目への負担も軽減しています。一新されたキーボードはストロークがさらに浅くなっており、“叩く”というより“押す”という感じに。ただし、キートップの大型化などによって思っていたよりもタイプしやすかったです」(デジモノステーション編集長・石森)

『MacBook Air』以降、もう進化の余地はほとんどないとされていたスリムノートPCだが、そこにまだ“洗練”の余地があることをアップル自らが示してくれた。
news20150409_01
アップル『MacBook』(Apple Store価格=16万704円~)。プロセッサに最新「Core M」を採用することで、従来モデルを大きく上回るポータビリティを実現した超スリムノート。これからの時代を見据え、大幅な機能のスクラップ/ビルドが行なわれている。

※『デジモノステーション』2015年5月号より