数年前とは比べ物にならない進化、最新“電チャリ”をチェック

1993年にヤマハが『PAS』を発売して始まった電動アシスト自転車の歴史も既に20年超。その間に機構やパーツも進化を続けている。特にバッテリーやモーターユニットなど電気系の部分は進化も速く、数年前のモデルと比べても大きく向上している部分が多い。

バッテリーはリチウムイオンが主流となり、容量が大きくなりながらも軽量・コンパクトに。内部の進化で繰り返し充電して使える回数も大きく向上している。最近のモデルは急速充電に対応しているのも、充電時間を短縮するうれしい進化だ。

モーターユニットは非接触式となっており、バッテリーが切れたとしてもペダルが重くなることがない。加えて近年は制御がより高度になっており、ヤマハでは3つのセンサーからの情報を統合して最適なアシストを行なう機構を採用。サイズも小型軽量化され、電動のネックだった重さの問題も改善されている。

ちょっと昔の電動アシスト自転車に乗っている人はもちろん、デザインや機能、重さの面で購入を躊躇していた人も、この機会に買って間違いない完成度になっている。

news20150421_001
BESV『パンサー PS1』(実勢価格=29万8080円)。炭素繊維を10層に重ねたカーボンフレームによるスマートなデザインはグッドデザイン賞のベスト100にも選ばれたもの。車体も軽量に仕上がっており、軽快な走りを実現している。

【ココが買い換えのポイント!】
news20150421_002 news20150421_003
カーボンフレームの軽量な車体に前後サスペンションを組み合わせ、キビキビとした走りながら、段差などでは衝撃を吸収し安定した乗り心地を実現。アシストモードも賢く、快適な乗り味。

news20150421_004
ヤマハ『PAS Mina』(実勢価格=12万4200円)。小型・軽量化された新しいドライブユニットを搭載し、クラシカルなシルエットのハンドルにレザーテイストのグリップとサドルを組み合わせるなど細部にもこだわる。

【ココが買い換えのポイント!】
news20150421_005
あえてカゴなどは装備しない状態で販売し、藤風やコンテナ風のカゴや子供用シートなどをオプションで用意。好みや使い方に合わせてカスタマイズを楽しめるモデルだ。

news20150421_006
パナソニック『ジェッター』(実勢価格=17万530円)。スポーツタイプのロードバイクと同等の700Cと呼ばれる大径タイヤを採用。速度の維持がしやすいため、長距離走行に向いている。また、アシストを使わない速度域で走れるので電池も長持ちする。

【ココが買い換えのポイント!】
news20150421_007
ロードバイクなどに採用される外装式の10段変速ギアを装備。内装式ギアに比べるとダイレクトな変速フィーリングと軽量化を実現している。大径タイヤの採用で、走りも本格的なもの。

news20150421_008
パナソニック『エネモービル・S』(実勢価格=7万9590円)。20インチの小径タイヤに変速ギアなどのないシンプルな車体構成としたモデル。求めやすい価格が魅力で、キャリアやカゴなどはオプションで用意する。操作も電源ボタンを押すだけとシンプルだ。

【ココが買い換えのポイント!】
news20150421_009 news20150421_010
USBポートを装備した「エネボトル」と呼ばれるバッテリーを採用。ケーブルをつなげばバッテリーから、スマホなどを充電できるのが最大のポイントだ。走りだけでなく、モバイルもアシストしてくれる自転車だ

文/増谷茂樹 撮影/松川 忍

※『デジモノステーション』2015年5月号より