今こそハイレゾデビュー!価格帯で選ぶポータブルプレイヤー8選

20150501_01_001

携帯プレイヤーの新しいトレンドとなっている、ハイレゾプレイヤー。ハイレゾブームの高まりに合わせてモデル数が一挙に増えてきている。

ハイレゾプレイヤーを価格帯で見ていくと、大きく3つのゾーンに分類できる。もっとも安価な5万円以下は、DSD音源に非対応など機能的にはやや制限があるものの、コンパクトで使いやすいのは大きな長所。ハイレゾ音源を意識しなくても、普通のプレイヤーとして屋外で快適に楽しめるモデルだ。

5〜10万円以下の価格帯は、ほとんどのハイレゾ音源に対応し、機能的にもぐっと充実している。買い得度が最も優れているので、初めてハイレゾプレイヤーを手に入れる人におすすめしたいクラスだ。

10万円以上の価格帯のモデルは、対応する音楽ファイルや機能が優れるのはもちろん、デザインや仕上げなども上質。そして、徹底して音質を追求した回路設計も特徴。ただし、サイズが大きめで日常的な扱いはやや不便。これらは音質や優れた音、デザインなど、音楽を聴く道具としての魅力にこだわる人に適したモデルと言える。

好みの音質で選ぶことも重要だが、それぞれの長所と短所を吟味して自分の使い方にマッチしたモデルを選んでいこう。

■UNDER ¥50,000で選ぶハイレゾプレイヤー

UNDER ¥50,000ハイレゾプレイヤーここが◎
コンパクトなサイズや薄型ボディなど、携帯性に優れていることが最大のメリット。それでいて、操作ボタンの配置などはきちんと工夫されており、軽快に使えることが魅力だ。

UNDER ¥50,000ハイレゾプレイヤーここが△
モデルにもよるが、対応するサンプリング周波数が96kHzまでのものや、DSD非対応のものなど、再生できる音声ファイルには制限がある。基礎的な音質も上位機に比べると少々見劣りする。

●UNDER ¥50,000のおすすめモデル01
Fiio
X1
実勢価格:2万700円

20150501_01_002

手の中に収まるコンパクトなサイズのモデルを実現。ボディはアルミ合金製で、「NW-A10」に次いで軽量な106gに仕上がっている。DACには、高級機に多く用いられるTI社の「PCM5142」を搭載。

20150501_01_003
▲クラシックなスクロールホイールと、4つのボタンで直感的に使えるインターフェース。すばやい操作が可能だ。

20150501_01_004
▲サイドには電源ボタンとボリューム調整ボタンを配置。出力端子は1つでヘッドホン出力とライン出力を兼ねる。

20150501_01_005
▲106gと軽量なアルミニウム合金製のボディは手になじむデザインもあって優れたポータブル性を発揮する。

SPEC
PCM:最大192kHz/24bit DSD:非対応 内蔵メモリ:非対応 外部メモリ:microSD×1(最大128GB) サイズ:W57×H96.6×D14mm 重量:106g 液晶サイズ:非公表 Wi-Fi:非対応 Bluetooth:非対応 連続再生時間:約12時間(フォーマット非公表) 充電時間:非公表/約4時間(USB/AC)

【X1の音質評価】
エネルギッシュかつ明瞭な中高域!

20150501_01_006
▲ノイズ感の少ないクリアな音質で、ハイレゾらしい情報量や解像感もまずまず。中高域は元気が良いが、低音の力強さや音量が盛り上がる部分のダイナミックさがやや不足。

●UNDER ¥50,000のおすすめモデル02
ソニー
ウォークマン NW-A10シリーズ
実勢価格:2万5590円/3万3260円(A16/A17)

20150501_01_007

細長い形状で厚さが約9.1mmとスマートなサイズ。コンパクトながらハイレゾ再生でも約40時間と長寿命なのも魅力。独自のデジタルアンプ「S-Master HX」などの高音質技術を採用する。

20150501_01_008
▲細長く薄い形状のため、ホールドしやすい。側面の音量調整ボタンも大きめで操作感は良好だ。

20150501_01_009
▲対応ヘッドホンと組み合わせてノイズキャンセリング機能も使えるほか、独自の高音質機能も豊富に揃えている。

20150501_01_010
▲同社の高級コンポでも採用される高音質無鉛はんだ(写真右)を使用。自然なバランスの音に仕上げている。

SPEC
PCM:最大192kHz/24bit DSD:非対応 内蔵メモリ:32/64GB(A16/A17) 外部メモリ:microSD×1(最大128GB) サイズ:W44.4×H109.1×D9.1mm 重量:66g 液晶サイズ:2.2型 Wi-Fi:非対応Bluetooth:対応(LDAC対応) 連続再生時間:約40時間(FLAC 96kHz/24bit) 充電時間:約4時間/非公表(USB/AC)

【ウォークマン NW-A10シリーズの音質評価】
メリハリの効いた再生音低音も意外にパワフル

20150501_01_011
▲解像感が高く、メリハリのくっきりとしたサウンド。低音もなかなか力があり、クラシックのスケール感も雄大に表現する。質感の豊かなボーカルの再現も大きな魅力と言える。

■¥50,000〜¥100,000で選ぶハイレゾプレイヤー

¥50,000〜¥100,000ハイレゾプレイヤーここが◎
ほとんどのモデルがDSD音源に対応するなど、多彩なハイレゾ音源を幅広くカバーする。高音質機能をはじめ、タッチパネル操作など独自の機能を持ち、機種ごとの個性が明確だ。

¥50,000〜¥100,000ハイレゾプレイヤーここが△
音質的には十分な実力を持つものの、さらに高価格なモデルとは差がある。サイズ的にも大きすぎず、小さすぎずとやや中途半端。だが総合的にバランスが良いと考えれば、この点が最大の魅力にもなる。

●¥50,000〜¥100,000のおすすめモデル01
ソニー
ウォークマン NW-ZX1
実勢価格:7万6820円

20150501_01_012

アルミ削り出しボディ採用の中級機。タッチパネル操作で使い勝手も良好。電源やオーディオ回路にも力が入っている。ハイレゾ楽曲の購入もできるなど機能は極めて充実。

20150501_01_013
▲高音質コンデンサー「OSーCON」を採用するなど、音質にこだわった電源回路を搭載する。

20150501_01_014
▲本革風のラバーグリップでホールド性を向上。下部の盛り上がった部分にオーディオ回路がある。

SPEC
PCM:最大192kHz/24bit DSD:最大2.8MHz/1bit(再生時はPCMに変換される) 内蔵メモリ:8GB 外部メモリ:microSD×1(最大128GB) サイズ:W60.7×H122.8×D15.3mm 重量:139g 液晶サイズ:4.0型 Wi-Fi:対応 Bluetooth:対応(LDAC対応) 連続再生時間:最大32時間(MP3/128kbps再生時) 充電時間:約3時間/約3時間(USB/AC)

【ウォークマン NW-ZX1の音質評価】
解像感が高く音像の厚みも十分

20150501_01_015
▲解像感の高さや微小な音の余韻の再現など、質の高い再生音はさすが。「S-Master HX」の恩恵で低音もぐっと力強くなり、音像の厚みが増すなど、聴きごたえのあるサウンドだ。

●¥50,000〜¥100,000のおすすめモデル02
アイバッソオーディオ
DX90j
実勢価格:5万6180円

20150501_01_016

コンパクトなサイズにタッチパネル液晶を採用。DACチップはESS社の「ES9012K2M」を左右独立で2個使用しノイズバランスを向上。増設用のmicroSDスロットも備える。

20150501_01_017
▲タッチパネル操作に加え、再生操作用に3つのボタンを採用。ポケットに入れたまま、手元を見ずに曲送りが可能。

SPEC
PCM:最大192kHz/24bit DSD:最大2.8MHz/1bit(再生時は88.2kHz/24bitのPCM変換される) 内蔵メモリ:8GB 外部メモリ:microSD×1(最大128GB) サイズ:W64×H100×D17mm 重量 140g 液晶サイズ:2.4型 Wi-Fi:非対応 Bluetooth:非対応 連続再生時間:約8.5時間(フォーマット非公表) 充電時間:3時間/5.5時間(AC/USB)

【DX90jの音質評価】
パワフルながら高い解像感も両立する

20150501_01_018
▲パワフルなロックに適したダイナミックな音質で、ボーカルもエネルギー感たっぷりだ。声の質感や楽器の音色の描き分けも良好な上に、解像感の高さがあるのも魅力的だ。

●¥50,000〜¥100,000のおすすめモデル03
ティアック
HA-P90SD
実勢価格:7万5130円

20150501_01_019

定評のあるTI社のDAC「PCM1795」を採用し、ディスクリート構成のアンプを備えたプレイヤー/ポタアン兼用モデル。楽曲は128GBのmicroSDに保存する。

20150501_01_020
▲ゲイン切り替え機能を備える。入力はアナログのほか、光/同軸デジタルの接続にも対応する。

20150501_01_021
▲ボディ側面部に曲送り/戻しボタンを設置。同部分にmicroSDスロットとホールドボタンもまとめて操作部をシンプルに。

SPEC
PCM:最大192kHz/24bit DSD:最大5.6MHz/1bit 内蔵メモリ:非対応 外部メモリ:microSD×1(最大128GB) サイズ:W69.6×H123×D21.5mm 重量:280g 液晶サイズ:2.7型 Wi-Fi:非対応 Bluetooth:対応 連続再生時間:約7時間(フォーマット非公表) 充電時間:非公表/約4時間(USB/AC)

【HA-P90SDの音質評価】
忠実度の高いサウンドで音楽を豊かに描き分ける

20150501_01_022
▲色付けの無い忠実な再生音で、音質的なバランスも良くまとまっている。駆動力が高いので、ジャンルを問わず楽しめるサウンド。特に激しい音や抑えた音の描き分けが上手い。

■OVER ¥100,000で選ぶハイレゾプレイヤー

OVER ¥100,000ハイレゾプレイヤーここが◎
音質的には据え置き型プレイヤーにも迫る実力で、タッチパネル操作やわかりやすい画面デザインなど使い勝手も洗練されている。デザインやボディの高級感も見事。

OVER ¥100,000ハイレゾプレイヤーここが△
いずれも音質にもこだわった作りとなるため、サイズ、重量ともに大きい。スマホと比べて重く、厚みがあるため気軽に服のポケットに入れて持ち運ぶのには向かない。

●OVER ¥100,000のおすすめモデル01
アイリバー
Astell&Kern AK100Ⅱ
実勢価格:10万2970円

20150501_01_023

上級機『AK240』などの思想を継承し、機能的にもほぼ同等となる。DACはシーラス・ロジック製の「CS4398」をシングルで使用。より高音質なバランス出力も装備。

20150501_01_024
▲バランス出力のほか、外部プレイヤーの音を出力するライン出力にも切り替え対応可能。

20150501_01_025
▲DACチップは上級機でも採用の「CS4398」を採用。アンプもバランス出力に対応した独自の回路としている。

SPEC
PCM:最大384kHz/32bit(再生時は最大192kHz/24bitにダウンコンバートされる) DSD:5.6MHz/1bit(再生時は176.4kHz/24bitのPCMに変換される) 内蔵メモリ:64GB 外部メモリ:microSD×1(最大128GB) サイズ:W55×H111×D14.9mm 重量:170g 液晶サイズ:3.31型 Wi-Fi:対応 Bluetooth:対応 連続再生時間:約11時間(FLAC 44.1kHz/16bit) 充電時間:非公表

【Astell&Kern AK100Ⅱの音質評価】
極めて高品位かつピュアに鳴らす

20150501_01_026
▲高解像度かつ緻密な音の再現で、音楽をきめ細かく描き出す。低音は不要な量感を抑えたタイトな感触だが、音域の伸びやパワー感も十分。ジャズのリズムのキレやグルーブ感が魅力的だ。

●OVER ¥100,000のおすすめモデル02
Acoustic Research
AR-M2
実勢価格:14万9040円

20150501_01_027

Android OS搭載ながら、独自設計で音質劣化を排除。高音質と快適な操作感を両立した。クロックも2系統採用するなど徹底して音質追求にこだわっている。

20150501_01_028
▲背面はグロス仕上げとヘアライン仕上げを組み合わせたデザイン。シンプルだが上質感のある仕上げだ。

20150501_01_029
▲上部にあるボリュームはアナログ式。音質劣化を防ぐためにOSのコントロールから独立した設計を採用した。

SPEC
PCM:最大192kHz/24bit DSD:5.6MHz/1bit(再生時はPCMに変換される) 内蔵メモリ:64GB 外部メモリ:microSD×1(最大128GB) サイズ:W70×H136×D15mm 重量:240g 液晶サイズ:5型 Wi-Fi:対応 Bluetooth:対応 連続再生時間:約9時間(FLAC 192kHz/24bit) 充電時間:4時間(USB/AC非公表)

【AR-M2の音質評価】
躍動感あふれるエネルギー感の表現

20150501_01_030
▲音に力強さが漲っているような印象で、強い音はエネルギッシュに、弱い音は繊細に鳴らし分け、その表現の幅が格段に広い。クラシックの雄大なスケール、ジャズの熱気を存分に味わえる。

●OVER ¥100,000のおすすめモデル03
ソニー
ウォークマン NW-ZX2
実勢価格:12万9470円

20150501_01_031

切削アルミと金メッキ銅板を組み合わせたシャーシなど、音質を磨き上げた最上位モデル。大容量バッテリーを専用開発するなど、妥協無しの作り込みとなっている。

20150501_01_032
▲高音質コンデンサー「OS-CON」を計7個搭載し、電源部をさらに強化。ノイズの影響を大幅に低減している。

20150501_01_033
▲アルミ削り出しのボディと、金メッキ銅板を組み合わせたシャーシ。剛性の向上と電気抵抗の低下を実現した。

SPEC
PCM:最大192kHz/24bit DSD:5.6MHz/1bit(再生時はPCMに変換される) 内蔵メモリ:128GB 外部メモリ:microSD×1(最大128GB) サイズ:W65.1×H131.2×D18.5mm 重量:約235g 液晶サイズ:4.0型 Bluetooth:対応(LDAC対応) 連続再生時間:約33時間(FLAC 192kHz/24bit) 充電時間:約4.5時間/非公表(USB/AC)

【ウォークマン NW-ZX2の音質評価】
質感を高め音楽を表情豊かに描く

20150501_01_034
▲一段と上質になった描写力で、音の細かな質感再現が巧み。ボーカルの表情の豊かさはもちろん、ベースやドラムなどの低音の解像感も優秀だ。ハイファイ調ながら情感の豊かな表現も魅力。

文/鳥居一豊 撮影/篠田麦也

※『デジモノステーション』2015年6月号より