多くても少なくてもダメ「洗濯機容量×8割」が良い理由【家電マメ知識 洗濯機編】

シロモノ家電の常識は意外と誤解されているものが多い。そんな、シロモノ家電の真実をジャンルごとに数回に分けてお届けしていこう。知っているとお得だったり、単純にうんちくとしてトークのネタにも役立つかもしれませんよ。

■【家電マメ知識 洗濯機編】

20150518_01_000

洗濯機にもさまざまな豆知識が存在する。例えば、「洗濯機容量×8割=最高のパフォーマンス」「洗濯機容量=家族の人数×1.5kg」という2つの数式を覚えておくと便利だ。3人家族なら6kg、4人家族なら7kgか8kg、5人家族なら9kgか10 kgがベストな容量だと、すぐに導き出せる。

また、縦型洗濯機を使っている人は、よほど几帳面な人でない限り、粉末でも液体でも、だいだい洗剤は洗濯物の上から振り掛けているはず。だが、実はメーカー側がしっかりと洗剤ケースを用意しているのには、それなりに意味があり、洗濯物の汚れをしっかり落とすにはそちらを使わなければならない。

このように洗濯機を購入する際にも、知っておくと便利な豆知識がある。長く使う家電なので、なんとなくではなく、しっかりと選ぶことが重要だ。

【洗濯機の常識01】
洗濯機は満タンはNG!?容量の8割程度が一番汚れが落ちる

洗濯機は容量8割で稼働させるのが最も汚れ落ちが良く、コストパフォーマンスも良いとされています。一般的に各メーカーでは1日1人分の洗濯物の目安は約1.5kgで計算して開発しているので、もし3人家族だったら洗濯物は4.5kgで6kgサイズを、4人家族だったら洗濯物は6kgなので8kgサイズの洗濯機を選ぶのがベストです。

洗濯時に出る糸くずやホコリも取る
ハイアールAQUA
AQW-VW900C
実勢価格:8万円

20150518_01_004

パルセーターを内側と外側の2枚に分けた「ツインパルセーター」で、洗浄力を高めた。水の流れに合わせて左右に大きく動く新型の「糸くずフィルター」により、洗濯時に出る糸くずやホコリの付着する量を大幅に低減する。

20150518_01_005
▲「ツインパルセーター」を搭載。内側のパルセーターで衣類を受け止め、外側のパルセーターが強力な水流を生み出す。

SPEC
サイズ:W567×H1010×D625mm 質量:約41kg
洗濯脱水容量:9kg 水量:66L(手動)・53L〜(無段階)〜16L 運転音:洗い 約35dB/ 脱水 約41dB

【洗濯機の常識02】
洗剤をそのまま洗濯物に垂らしてません?洗剤ケースに入れないと汚れはしっかり落ちません

洗濯用洗剤を洗濯機内の専用ケースに入れることで泡立たせます。泡は基本的に界面活性剤の作用によってできていて、泡を作ること自体は汚れを落とすこととは直接関係がありませんが、泡が汚れを吸着して液面上に浮き上がらせ、洗っている液体の中の汚れを少なくしています。ただし、泡が多すぎると、すすぎの効果が悪くなり、逆に洗浄効果を下げてしまう可能性があり、洗剤は決められた量以上は入れないように注意が必要です。

洗濯&脱水後もからまらない
パナソニック
インバーター洗濯乾燥機 NA-FW100S2
予想実勢価格:21万3840円 6月下旬発売予定

20150518_01_001

洗濯後は「からみほぐし」で衣類がスッと取り出せ、毎日の洗濯がはかどる。さらに少量の軽い汚れは約20分の「スピードコース」で、特別なおしゃれ着は「おうちクリーニングコース」、頑固な泥汚れは「パワフルコース」でしっかりと洗える。

20150518_01_002
▲洗濯槽を手前に近づけた「すっきりフロント」で衣類の出し入れにかかる負担を軽減。体の小さい女性が、毛布など大きなものを洗濯する際に役立つ。

20150518_01_003
▲ためすすぎの水を利用し、内槽に強い水流を発生させ、外槽の内側や内槽の洗剤カスを洗い流す。

SPEC
サイズ:W599×H1071×D648mm 質量:約47kg 洗濯脱水容量:10kg 乾燥容量:5kg
洗浄方式:即効泡洗浄 乾燥方式:水冷除湿式

【洗濯機の常識03】
フレグランス系の柔軟剤を使うなら除菌・消臭モードはOFF!

ナノイーやプラズマクラスターなどのイオンは、洗濯槽のカビの繁殖やニオイを防ぎ、除菌・消臭モードがオンの場合、洗濯終了時に洗濯槽内に放出されます。ただ、柔軟剤の香りさえも飛ばしてしまうので、フレグランス系の柔軟剤を使用する時には注意しましょう。

洗濯〜乾燥まで超時短を実現
パナソニック
ななめドラム洗濯乾燥機
NA-VX9500L
実勢価格:30万240円

20150518_01_006

温水機能で洗剤の力を引き出し、黄ばみ汚れまで落とす「約40 ℃つけおきコース」を搭載。ヒートポンプ乾燥方式で洗濯〜乾燥の所要時間「約98分」の業界スピードNo.1を実現している。

20150518_01_007
▲槽を自動洗浄して衣類をすすぐ。脱水中にも「カビクリーンタンク」による噴射水で再び槽洗浄。洗濯終了後は「ナノイー」を充満し、黒カビ発生を抑える。

SPEC
サイズ:W639×H1009×D722mm 質量:約77kg 洗濯脱水容量:10kg 乾燥容量:6kg 標準使用水量:約78L(定格洗濯時) 運転音(洗い/脱水/乾燥):32/41/46dB

【洗濯機の常識04】
最新のドラム式は弱点を解消しています。ドラム式とタテ型の洗濯時間は実は一緒!

ドラム式洗濯機はタテ型洗濯機よりも洗濯時間が長い”というのは、過去の常識でした。今は各メーカーがドラム式の開発に力を入れ、洗濯時間を短縮。タテ型と変わらない、もしくはそれ以上に短いモデルも登場しています。例えばシャープのドラム式洗濯機は洗濯物約2kgなら10分、約9kgでも29分という時短モードを採用しています。

「マイクロ高圧洗浄」で汚れを除去
シャープ
ES-Z200
実勢価格:18万3380円

20150518_01_008

新開発の「高圧洗浄ノズル」を採用したことで実現する「マイクロ高圧洗浄」や熱エネルギーのロスを抑えた「ヒートポンプ乾燥システム」を搭載。「7種類のセンサー技術」で洗剤の種類や汚れ具合を見分ける。

20150518_01_009
▲槽クリーンモードで洗濯終了後はプラズマクラスターを自動で放出。洗濯機内を清潔に保ってくれる。

SPEC
サイズ:W640×H1114×D730mm 質量:約80kg 洗濯脱水容量:9kg 乾燥容量:6kg 標準水位:27〜15L 運転音(洗い/脱水/乾燥):30/37/41dB

家電マメ知識 教えてくれたのはこの人たち
家電コーディネーター 戸井田園子
大手住宅メーカーでインテリアコーディネートを担当後、商品企画部を経て独立。現在はAll About家電ガイドとして活躍中。

本誌シロモノ担当 滝田勝紀
モノ雑誌で10年以上、家電を担当するフリーランス編集者。現在はAll About家電ガイドを務めるほか、多くの男性誌、Webで執筆。

文/滝田勝紀 撮影/下城英悟(GREEN HOUSE)

※『デジモノステーション』2015年6月号より