リアルすぎ!「仮面ライダードライブ」大人向けミニカー&フィギュアの世界

店頭では買えない、大人向け「仮面ライダー」トイの世界がいま大変なことになってます。

現在テレビ放送中の「仮面ライダードライブ」は、バイクではなく車に乗る異色の仮面ライダーとして話題の作品。
その「ドライブ」の愛車(クルマ)=「トライドロン」がとにかくメチャカッコいいのですが、子供向けに発売されているおもちゃとは別に、対象年齢を高めに設定したリアル版もラインナップされてるんです。

20150520_01_001

20150520_01_002

『仮面ライダードライブ ドライブピット』
劇中に登場する秘密基地を精巧なミニチュアで再現したもので、同スケールの「トライドロン」ミニカーが付属しており、美しくディスプレイして楽しめるセットです。
スイッチを入れるとやはり劇中のようにグリーンのライトアップができ、これが雰囲気満点!

20150520_01_003

全容はこんな感じで、本体は幅(約)220mm×高さ165mm×奥行き310mm。比較的“飾れる”サイズ感です。

20150520_01_004

「トライドロン」のミニカー。“遊べる”要素はほとんどありませんが、ダイキャスト製のずっしりした質感は大人でもグッとくるはず。

このセットのすごいところは、車がミニカー大という小ささゆえに“仮面ライダー本人が存在しない”ところなんですよね。子供向けだったらありえない気がします。
カッコよすぎる「トライドロン」と、その基地にのみフォーカスしたアイテムとして、結果的に大人でも手を出しやすいサイズになってますし、これは面白い!

仮面ライダードライブ ドライブピット | プレミアムバンダイ | バンダイ公式通販サイト
(予約受付期間:2015年2月23日 11:00〜 6月1日 23:00)
http://p-bandai.jp/item/item-1000096330/

一般的なおもちゃ屋さんではなく、バンダイのショッピングサイト「プレミアムバンダイ」で受注受付中の本製品。
価格は9504円(税込み/送料・手数料別)、対象年齢は15歳以上。
“大人買い”のホビーとして、価格設定もかなりいい線です。

そして……大人向けの「トライドロン」はミニカーだけじゃありません。

20150520_01_005

20150520_01_006

『S.H.Figuarts トライドロン』
こちらは一気に全長約400mmになったビッグサイズ「トライドロン」。大人向けフィギュアブランド「S.H.Figuarts」のスケール・精巧さに合わせて作られたものです。同シリーズからは「仮面ライダードライブ」シリーズが次々に発売されているので、一緒に遊んだり飾ったりできます。(写真の『S.H.Figuarts 仮面ライダードライブ タイプスピード』は別売です。本製品には付属しません)
20150520_01_007

20150520_01_008

スイッチを入れるとヘッドライト・テールライトが点灯するのですが、これがまた雰囲気バッチリで……主人公の相棒という設定で、かつての「ナイトライダー」っぽい「トライドロン」の世界観を味わえます。

20150520_01_009

「ドライブ」を運転席に乗せてハンドルを握らせることも可能。
ハンドルに加え、サイドブレーキ・シフトレバーまで可動するというからこだわりが半端じゃないです。

S.H.Figuarts トライドロン | プレミアムバンダイ | バンダイ公式通販サイト
(予約受付期間:2015年3月24日 16:00〜)
http://p-bandai.jp/tamashiiwebshouten/item-1000096701/

こちらも、おもちゃ屋さんでは入手できない「プレミアムバンダイ」限定アイテム。
価格は2万4840円(税込み/送料・手数料別)、対象年齢は15歳以上。
ライダー本体のフィギュアも別売りとあって、お値段はなかなかのものですが……これがおそらく「トライドロン」の決定版モデルであることを考えると、おさえておきたい一品です。

さて、今回は「トライドロン」の2アイテムをクローズアップしましたが、大人向けライダートイの世界は「トライドロン」だけにはとどまりません。
5月25日発売のデジモノステーション7月号では、さらに他のアイテムも巻き込んで総力特集記事を組んじゃいました!
そちらは“大人も変身できる”ベルトも登場します。
乞うご期待でよろしくお願いします。

文/柳 雄大(編集部)

(C)2014 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映