スマホ連携で使い勝手抜群、“BT Smartカメラ”がこれからの常識だ!

20150520_01_001

もはやカメラの標準機能となったWi-Fi機能。スマホへの画像転送やリモート撮影機能はカメラの実用性を大きく高めてくれる。

しかし、実際に使ってみると接続時の手間がかなり煩わしい。初回登録時はともかく、接続するたびにいちいちカメラのWi-Fi機能を起動し、スマホからカメラにつないで……というのは面倒だ。

そんな中注目を集めているのが「Bluetooth Smart」を利用したカメラとスマホの常時接続。対応モデルならカメラの電源が切れている状態でもスマホのアプリからカメラを起動し、Wi-Fi接続できる。これは便利だ!

【Bluetooth Smartとは?】
20150520_01_002
▲Bluetooth Smartは、従来のBluetoothよりも消費電力を大幅に小さくした規格。つまりバッテリー持続時間の向上に期待が持てるのだ。対応モデルはこれを使ってカメラとスマホを常時接続し、リモート電源オン/オフやWi-Fi再接続処理などを実現している。

 

形状から活用法まであらゆる意味で新発想!!
オリンパス
OLYMPUS AIR A01
[14-42mm EZ レンズキット]
Web直販価格:5万3784円
[ボディのみ]Web直販価格:3万6504円

20150520_01_003

オープンプラットフォームという新発想で話題の小型マイクロフォーサーズカメラ。スマホとの連携を前提としているが、ここでBluetooth Smartを活用。リモート電源オン/オフが可能なため、鞄の中に入れっぱなしの状態でスマホから起動、撮りためた写真を確認するなどといったことができる。

20150520_01_004 20150520_01_005 20150520_01_006 20150520_01_007
▲機能ごとに細分化された8つのアプリを用意。開発環境が無償公開されているため、今後はユーザー開発のアプリも登場見込みだ。

20150520_01_009 20150520_01_008
▲マイクロフォーサーズ規格に準拠した全てのレンズを装着可能。キットレンズとしては電動標準ズームレンズが付属。

SPEC
サイズ:W56.9×H57.1×D43.6mm 重量:147g 撮像素子:4/3型有効1605万画素Live MOS マウント:マイクロフォーサーズマウント モニタ:なし

 

通常スタイルカメラでは唯一のBluetooth Smart対応機
カシオ
EXILIM EX-ZR1600
実勢価格:3万2100円

20150520_01_010

Wi-Fiと低消費電力な「Bluetooth Smart」を併用することで、スマホとの連携をより実用的にした製品。カメラの電源をスマホからオンにできるほか、画像の即時自動転送などといった美点を備える。

20150520_01_011 20150520_01_012
▲スマホ用アプリ「EXILIM Conn ect」。従来アプリでは手間だった再接続処理などが劇的に簡略化&高速化されているのが◎。

20150520_01_013
▲回転モニタ&フロントシャッターで自撮りに強い事も特長の1つ。撮った写真は即ネットにアップできる。

SPEC
サイズ:W108.3×H61.5×D28.0~33.6mm 重量:242g 撮像素子:1/2.3型有効1610万画素CMOS 光学ズーム:×18(f=25~450mm相当) モニタ:3.0型(約92.2万画素)

文/山下達也(ジアスワークス) 撮影/松浦文生

※『デジモノステーション』2015年6月号より