【驚愕の望遠】2000mm、光学83倍で大ヒット中『COOLPIX P900』を試す

review20150525_001

ニコン製コンパクトカメラの中でも高機能を誇る「COOLPIX P」シリーズ。その最新モデルとして光学83倍ズーム搭載機『COOLPIX P900』が登場。最注目は、ワイド側 f=24mm相当、テレ側f=2000mm相当の幅広いズーム域を持つこと。デジタルズームを併用すれば最大で8000mm相当の超望遠撮影も行なえる。
この圧倒的な超望遠をサポートする機能として、強力な手ぶれ補正機構やワンタッチでズームバックを行なう専用ボタン、アイセンサー付きEVFなどに対応。スナップから風景、ポートレート、スポーツ、野鳥までさまざまなジャンルで活躍するカメラに仕上がっている。

■基本性能をチェック

EVF搭載に加えバリアングル液晶も
review20150525_002
液晶モニタは約92万ドットの3型パネルを、ファインダーには同じく約92万ドットの0.2型のEVFを搭載。アイセンサーによる自動切替に対応する。

GPS搭載で撮影位置を同時記録
review20150525_003
測位システムはGPS(A-GPS対応)のほか、GLONASSなどに対応。例えばビルの谷間など、測位しにくい場所でも素早く位置情報を取得できる。

超強力な光学83倍ズームレンズ
review20150525_004a
▲×1
review20150525_004b
▲×30
review20150525_004c
▲×83
review20150525_004d
▲×166(デジタル)
驚異的な拡大性能を誇る光学83倍ズーム。デジタルズームを併用することで最大166~332倍ものズーミングが可能になる。

ズーム撮影サポート機能も盛りだくさん
review20150525_005a
レンズはボディに対してフロントヘビーな印象。ただ深いグリップがあるのでホールド感は悪くない。

review20150525_005b
超望遠ズーム使用時に、見失った被写体をワンボタンでズームバックして捉え直せるボタンを搭載。

本機だけの月モード&鳥モード

review20150525_006a

月モード
review20150525_006b

review20150525_006c

月を見付けやすい広角側で位置を決め、ワンボタンで一気にズームアップできるモード。また色の調整も可能だ。

鳥モード
review20150525_006d

review20150525_006e

月モードと同じく素早くズームアップができるほか、最大画像サイズで約7コマ/秒(最大約7コマ)の連写に対応する。

■結論
早くも話題の『COOLPIX P900』を使った感想は「とにかく楽しい!」のひと言に尽きる。f=2000㎜相当の画角では、遠くにいる野鳥や動物、人の姿をアップして写し、肉眼では分からなかった細かい表情までをリアルに捉えられる。さらに、風景や建造物の外観をクローズアップで撮影し、そのディテールをまじまじと確認したり、望遠ならではの圧縮効果を利用して凝縮感のある構図で撮る、といったことが自由に行なえる。通常のカメラでは得られない視覚体験であり、日常的な風景さえが全く新鮮なものとして写る。
仮に一眼レフやミラーレスカメラで、f=2000㎜相当の超望遠撮影を本格的に実践しようとすれば、重量級レンズが必要になる。だが本モデルの場合は、レンズ一体型カメラとしては確かに大型クラスではあるものの、この焦点距離を考えれば、十分に携帯性はいい。気軽に持ち運んで楽しめるf=2000㎜対応のカメラ、というこれまでにない存在なのである。デジタルズームを併用すれば最大f=8000㎜相当までのズーミングも可能(ただし実用域はf=4000㎜相当までといったところ)。
外装は、ブラック基調の樹脂素材で、鏡胴部分など一部が金属素材となる。天面の電源スイッチを押すとレンズが少しせり出し、素早く起動する。ズームの操作にはシャッターボタンの周辺にあるズームレバー、またはレンズ側面のレバーを使用する。なお、サイドレバーに関しては、MF機能を割り当てることもできる。
AFはコントラスト検出方式ながらまずまずの速度で作動する。ファインダーは電子式で、液晶モニタはバリアングル式。どちらも視認性は問題ない。レンズシフト式手ぶれ補正の効果は良好。
撮像素子には、1/2.3型のCMOSを採用する。センサーサイズが小さいので、ディテールの表現力や高感度画質はそれなりだが、キャビネ判までのプリントやWeb用途には十分だろう。惜しいのは記録形式がRAWに非対応なこと。それ以外の面は、撮影機能は非常に豊富。風景からスナップ、ポートレート、旅行用まで多彩な用途で超望遠撮影が楽しめる個性的な一台だ。

■『COOLPIX P900』をおすすめな人は??
従来カメラでは到達できない新領域へ

広角から超望遠までをレンズ交換なしで体験できるユニークなカメラ。ボディは、標準ズームを装着した一眼レフカメラに匹敵するくらい大柄だが、ホールド性は良好だ。野鳥や天体、ポートレート撮影などを気軽に楽しみたい人におすすめできる。運動会やイベントなど、近くまで寄って撮影できないシーンでも活躍するだろう。

ニコン
COOLPIX P900

実勢価格:7万4270円

サイズ:W139.5×H103.2×D137.4mm 重量:899g 撮像素子:1/2.3型CMOS 有効画素数:1605万画素 モニタ:3.0型液晶(約92万ドット) 光学ズーム:83倍(f=24~2000mm相当) 解放F値:F2.8-6.5手ぶれ補正機構:センサーシフト式 シャッター速度:1/4000~15秒 ISO感度:100~12800相当(拡張含む) 連続撮影枚数:約360枚

文・作例/永山昌克 撮影/松浦文生