自撮り棒はもう時代遅れ?“自撮りカメラ”が常識なんです【フリースタイルカメラ編】

20150603_02_001

海外の「セルフィー」ブームを契機に国内でも火が付きつつある自撮り。ただし、海外と異なるのは、ブームの立役者となった「セルフィー棒(自撮り棒)」が廃れつつあること。いろいろな意味で日本人のライフスタイルにフィットしなかったのかもしれない。そういった状況もあり、今注目したいのが自撮りに適したカメラだ。

最新自撮りカメラはごく一部の例外を除いて全てWi-Fi対応済み。スマホと連携させたリモート撮影機能で、離れた場所から写っている内容を見ながら写真を撮れる。これを駆使すれば、セルフィー棒などとは比べものにならないほど自由度の高い自撮りが可能となる。

そんな自撮り向きのカメラの中から、今回は自由なアングルで自撮りを楽しめる「フリースタイルカメラ」を紹介していこう。

 

自撮り棒はもう時代遅れ?“自撮りカメラ”が常識なんです【ラブラブ自撮り編】

自撮り棒はもう時代遅れ?“自撮りカメラ”が常識なんです【ワイワイ自撮り編】

自撮り棒はもう時代遅れ?“自撮りカメラ”が常識なんです【トラベル自撮り編】
 

【フリースタイルカメラはこの機能に注目!】
リモート撮影機能
20150603_02_003
▲カメラとスマホをWi-Fiでリンクさせ、専用アプリからカメラを操作する「リモート撮影」機能は、ある種、究極の自撮りモニタと言えるだろう。シャッターを切るだけでなく、各種撮影設定を変更することもできる。

20150603_02_004
▲少し離れた場所にカメラを設置して、広い範囲を“自撮り”するということも。例えば10人前後が集まったバーベキュー会場の様子を定点撮影するなんて使い方もできる。いちいちカメラのもとに行かずに撮れるのが◎。

 

撮りやすさにもこだわった最新EXILIM
カシオ
EXILIM EX-ZR1600
実勢価格:3万2070円

20150603_02_002

早くから自撮り機能に注力している「EXILIM」シリーズの最新鋭機。便利なフロントシャッターやBluetooth Smartなどによって自撮りの自由度を大きく向上することに成功している。

20150603_02_005 20150603_02_006 20150603_02_007
▲Wi-Fiに加え、最新のBluetooth Smartに対応。これまで不可だったスマホからの電源ONなど、より自由度の高いリモート撮影が可能に。

20150603_02_008 20150603_02_009
▲本体前面にフロントシャッターボタンを配置。構えにくいタテ構図の自撮りでも無理なく撮影可能で、スマホライクなタテ構図自撮りもできる。

SPEC
サイズ:W108.3×H61.5×D28.0〜33.6mm 重量:242g 撮像素子:1/2.3型有効1610万画素CMOS 光学ズーム:×18(f=25〜450mm相当) 通信機能:Wi-Fi/Bluetooth Smart

 

ほとんどレンズだけの新感覚スタイル
オリンパス
OLYMPUS AIR A01
[14-42mm EZ レンズキット]Web直販価格:5万3784円 [ボディのみ]Web直販価格:3万6504円

20150603_02_010

スマホと連携したリモート撮影を前提とすることで(単体での撮影も可能)、従来カメラとは根本的に異なる形状を実現した新発想カメラ。筒状形状となったことで、より自由度の高い撮影が可能に。

20150603_02_011

20150603_02_013
▲見た目からは想像しにくいが、れっきとしたミラーレスカメラ。マイクロフォーサーズレンズを装着できる。自撮り活用時は広角レンズ or 魚眼レンズの利用がおすすめだ。

20150603_02_012
▲同梱アタッチメントを使えば、スマホをカメラに固定して通常スタイルの撮影も可能。専用の8つのアプリを駆使して多彩な撮影を楽しめるようにしている。

SPEC
サイズ:W56.9×H57.1×D43.6mm 重量:147g 撮像素子:4/3型有効1605万画素Live MOS マウント:マイクロフォーサーズマウント 通信機能:Wi-Fi/Bluetooth Smart

 

セパレート構造でさらに自由度アップ!
カシオ
EXILIM EX-FR10
実勢価格:3万5400円

20150603_02_014

レンズとモニタが分離するセパレート構造を採用した個性派カメラ。アクションカメラ顔負けの多彩なアタッチメントが用意されており、さまざまなアングルで撮影できるようにしている。

20150603_02_015
▲カメラ部とモニタ部はワイヤレス接続されており、スマホのリモート撮影のような感覚で撮れる。いちいち設定しないでもつながるのが◎。

SPEC
サイズ(合体時):W60.9×H153.1×D34.2mm 重量:175g 撮像素子:1/2.3型有効1400万画素CMOS 光学ズーム:なし(f=21mm相当) 通信機能:Wi-Fi/Bluetooth Smart

 

軽く、小さく、片手でも撮れる
キヤノン
PowerShot N2
実勢価格:3万770円

20150603_02_016

スクエア形状&操作性(レンズ周りのリングでズーミング&撮影など)が目を引く個性派カメラ。先代モデルには非搭載だった自撮りモニタ搭載によって、より活用範囲を拡げることに成功した。

20150603_02_017
▲1度のシャッターで、構図、色、光を変えた6枚の写真を出力してくれる「クリエイティブショット」機能を用意。自撮り時に使えば、より印象的な写真が撮れる。

SPEC
サイズ:W80.9×H62.0×D32.3mm 重量:201g 撮像素子:1/2.3型有効1610万画素CMOS 光学ズーム:×8(f=28〜224mm相当) 通信機能:Wi-Fi/NFC

 

文/山下達也(ジアスワークス) 撮影/松浦文生(製品)、樋口涼(人物)

※『デジモノステーション』2015年7月号より