強力な機種続々。SIMフリースマホは“セット販売”がお得な理由

20150605_04_01

今年5月からいよいよ義務化されたスマートフォンの「SIMロック解除」。これを受けて、今盛り上がっているのがNTTドコモら大手キャリアのネットワークを借り受ける形で通話/データ通信サービスを格安提供する「MVNO(Mobile Virtual Network Operator)」だ。これまでMVNOは月額料金が割安(通話・通信料金が1500円前後~)な反面、そのサービスに対応したスマホを別途手に入れなければならないという大きなハードルがあった。NTTドコモ系のMVNOサービスを使いたいのならNTTドコモの中古端末かSIMフリーな海外スマホを入手しなければならなかったのだ。しかし、SIMロック解除が進めば、現在利用している端末をキャリアを問わずにMVNOで利用可能に。ハードルが一気に下がることになる。

【参考】いまさら聞けないMVNO基礎知識 MVNOを使いこなすための取扱説明書

とは言え、SIMロックを解除できるのは「5月1日以降に発売された端末で、かつ購入から180日が経過したもの」のみと実質的にはまだまだだいぶ先の話。ほか、各キャリアがサービスを提供する周波数帯に端末が対応していなければならないという問題もある。

そんな中、注目を集めているのが、MVNO各社が昨年末頃から提供し始めている「セット販売」だ。ユーザーが別途端末を入手する必要がないほか、一部キャリアは端末料金の分割支払&購入サポートも実施中など、便利でおトクなのが「セット販売」の美点。当初は魅力的な端末が選べないという声もあったが、春頃からこのあたりも大幅改善され、大手キャリア同等の強力なスマホでMVNOを始められるようになった。こうなるともはや「SIMロック解除」の本格実施を待つ必要はない? コストパフォーマンス重視でスマホを選びたいという人には、ぜひともこの「セット販売」スマホを検討してみてほしい。

●編集部注目の「セット販売」スマホ

20150605_04_02
ハイエンド派も大満足の4GBメモリがすごい!
ASUS
ZenFone 2(ZE551ML)
主な取り扱いMVNO・販売店:楽天モバイル、NifMo、DMMモバイルなど
端末価格:4万5800円 or 2061円×24回払(楽天モバイルの場合)

高性能クアッドコアプロセッサ「Atom Z3580(2.3GHz×4)」、世界初の大容量4GBメモリ&32GBストレージ、フルHD解像度の5.5型ディスプレイ、最新Android 5.0搭載など、圧倒的なスペックを誇るハイパフォーマンスモデル。3大キャリア各社のフラッグシップモデルに負けない高性能を誇る。

20150605_04_03
3万円台で買える8コアプロセッサ搭載機
NTTレゾナント/ZTE
g03(グーマルサン)
主な取り扱いMVNO・販売店:goo SimSellerなど
端末価格:3万2400円(goo SimSellerの場合)

SIMフリー端末でまだまだ例の少ないオクタコア(=8コア)プロセッサを搭載した高性能端末。1300万画素のソニー製裏面照射型CMOSセンサー搭載など、それ以外の機能も総じて高い。NTTレゾナンスが提供する「gooのスマホ」最上位機として提供され、OCNモバイルONEのSIMカードとセット販売される。

20150605_04_04
多彩な実用機能がうれしいコンパクトモデル
京セラ
LUCE KCP01K
取り扱いMVNO・販売店:mineo
端末価格:3万3600円 or 1400円×24回払

耐衝撃・防水・防塵対応のタフモデル。ディスプレイサイズを4.5型に抑えることで、女性でも片手で使えるサイズ(幅約65mm)をキープした。ディスプレイパネル全体を振動させることでスピーカー化する「スマートソニックレシーバー」により、騒がしい場所でも相手の声を聞き取りやすくしている点もポイントだ。

20150605_04_05
使いやすさにこだわったフレンドリースマホ
富士通
ARROWS M01
取り扱いMVNO:イオンモバイル、楽天モバイル
端末価格:3万6720円 or 1652円×24回払(イオンモバイルの場合)

防水・防塵に対応した4.5型ディスプレイ搭載モデル。これまでガラケーを愛用してきた人でもストレスなくスマホ移行が可能な「シンプルホーム」UIを提供するなど、初心者向けの配慮がなされている。語彙数・精度に定評のある日本語入力エンジン「ATOK」標準搭載や大容量2500mAhバッテリーなども売り。

20150605_04_06
MVNOでも「Xperia」が利用可能に!!
ソニーモバイルコミュニケーションズ
Xperia J1 Compact
取り扱いMVNO:So-netなど
端末価格:2460円×24回払(So-netの場合)

MVNO初の「Xperia」。群を抜いて高画素・高画質な20メガカメラや4.3型ながらHD表示が可能な高品位ディスプレイ、防水・防塵対応など、期待を裏切らないクオリティが自慢。SIMフリー端末ではほとんど例のないおサイフケータイ対応も大きなポイントと言えるだろう。所有欲をくすぐるデザインも「Xperia」ならでは。

文/山下達也(ジアスワークス)