ないなら自分で作れば良いじゃない。4K動画が撮れるカメラ厳選4モデルを紹介!

20150612_01_001

4Kテレビが登場し始めた頃は、4Kコンテンツがほぼなく、2Kコンテンツをアップコンバートしたものが大半を占めていた。しかし、今となっては、放送や配信においても4Kコンテンツが充実し始めている。「4Kテレビを買っても観るものがない」というのは、もはや過去の話なのだ。

とは言え、それでもまだまだ絶対数は少ない。それならば自分で4Kコンテンツを用意してしまえばいい。実際、現行のカメラは、ビデオカメラを筆頭に多くの製品が4K動画撮影に対応しており、個人レベルでも手軽に4Kコンテンツを作れるようになっている。子供の成長記録や旅行の様子など、大切な思い出を情報量の多い4Kで残しておけば、あとから観る楽しみも倍増するはず。
そんなわけで、今回は気軽に4Kコンテンツを作成できる、おすすめのカメラを紹介していこう。

 

4K対応で“ワイプ撮り”の実用性がアップ
パナソニック
HC-WX970M
実勢価格:10万1180円

20150612_01_002

パナソニック初の4Kビデオカメラ。従来機で好評だった、サブカメラを使ったピクチャー・イン・ピクチャー撮影機能「ワイプ撮り」を4K画質にアップデートさせたことが最大の売り。フルHDモデルでは解像度不足だった子画面の映像が、4K化することによって充分な情報量を備えるようになった。このほか、500gを切る軽量ボディを始め見どころ多数の一台。

SPEC
サイズ:W65×H73×D161mm 重量:447g 動画解像度:4K 撮像素子:1/2.3型 1891万画素MOS 光学ズーム:20倍 内蔵メモリ:64GB そのほかの機能:プロジェクター

 

撮影・再生をサポートする便利機能が盛りだくさん
ソニー
ハンディカム FDR-AXP35
実勢価格:14万5670円

20150612_01_003

業界トップクラスの補正効果を誇る「空間光学手ぶれ補正」や、「ハンディカム」だけの内蔵プロジェクター、チルト式EVFなど、多機能が売りの製品。プロジェクターなどをカットしたスタンダードモデル『FDR-AX30』(実勢価格:12万9470円)もラインナップ。

20150612_01_004
▲最大200型相当の大画面投影が可能なプロジェクターを内蔵(解像度は854×480ドット)。天井をスクリーンに使うなど、多彩な活用法が考えられる。

SPEC
サイズ:W75×H78.5×D155mm 重量:725g 動画解像度:4K 撮像素子:1/2.3型 1890万画素CMOS 光学ズーム:10倍 内蔵メモリ:64GB そのほかの機能:プロジェクター

 

アクション撮影も4K解像度対応に!
GoPro
GoPro HERO4 Black Edition
実勢価格:6万6660円

20150612_01_005

アクションカメラの定番「GoPro」最上位モデル。4K/30pでの録画モードが新たに追加されているが、形状は従来モデルと全く変わらないため、同シリーズが誇る多彩なアタッチメント類をそのまま利用可能。さまざまなシーンを4Kならではの情報量で記録できるようにしている。

20150612_01_006
▲アクションカムの美点はその小型軽量ボディ&豊富なアタッチメントを利用してビデオカメラでは撮影不能なムービーを撮れること。アクティビティの記録に最適だ。

20150612_01_007
▲同梱「スタンダードハウジング」を装着することで水中撮影も可能に(水深40mまで)。外部からの衝撃を防ぐ効果もある。

SPEC
サイズ:W59×H40.5×D30mm 重量:88g 動画解像度:4K 撮像素子:1/2.3型1200万画素CMOS 光学ズーム:なし 内蔵メモリ:なし 記録メディア:microSDXC

 

画質最重視で選ぶならビデオカメラよりも上!?
パナソニック
LUMIX DMC-LX100
実勢価格:8万7220円

20150612_01_008

4Kムービー撮影に対応した高級コンパクトカメラ。大きな撮像素子、明るいレンズなどにより、画質面ではビデオカメラを圧倒する。ズーム性能やAF速度/精度などで及ばないものの、それを必要としない被写体(風景など)なら満足度の高いムービーが撮れる。

SPEC
サイズ:W114.8×W66.2×D55mm 重量:393g 動画解像度:4K 撮像素子:4/3型1684万画素MOS 光学ズーム:6.2倍 内蔵メモリ:なし 記録メディア:SDメモリカード

 

文/山下達也(ジアスワークス) 撮影/松浦文生

※『デジモノステーション』2015年7月号より