【今すぐハイレゾ】スマホ活用の最強システム

main
スマホベースでハイレゾシステムを組む際の要はポタアンだ。薄さ、多機能、高音質が揃った『HA-2』を中心にシステム構築。ハイレゾ非対応のスマホでも、ハイレゾ対応ポタアンとデジタル接続すればこのシステムを実現できる。写真では『iPhone 6』が写っているが、『HA-2』はiOSとAndroidのどちらにも対応している点もポイントだ。使い慣れたスマホを活用するシステムなのでハイレゾスタートとして最も作りやすいシステムになる。ヘッドホンはシャープネス最強モデルをセレクトした。

薄型ボディに高性能を詰め込む
OPPO
HA-2
実勢価格:4万7380円

384 kHz/32bitまでのPCM音源と11.2 MHz/1bitまでのDSD音源を再生可能。ヘッドホンアンプだけでなくUSB DACとしても使えるモデルだ。

HA-2-2
▲独自の高速充電機能を有し、スマホへの電源供給も可能。側面のスイッチで供給のON/OFF切り替え可能。

SPEC
PCM:最大384kHz/32bit DSD:最大11.2MHz/1bit 重量:175g バッテリー:約13時間 サイズ:W68×H157×D12mm 充電時間:約1時間30分 再生周波数特性:20~200000Hz 推奨ヘッドホンインピーダンス:16~300Ω

ピュアなテスラサウンドを持ち出せる
beyerdynamic
T 51 p
実勢価格:3万6500円

1万ガウス(1テスラ)の磁束密度を実現したテスラドライバーの再現力をコンパクトに持ち歩けるモデル。低域のレスポンスとクリアな高域を両立する「テスラサウンド」を味わえる。

I
▲シンセティックレザーと低反発クッションを採用し、快適な装着感と高い遮音性を両立している。

SPEC
ドライバー:密閉ダイナミック型 口径:非公開 再生周波数帯域:10~23000Hz インピーダンス:32Ω

このシステムの魅力!
(1) 全てのスマホのベストパートナーと言えるポタアン
『HA-2』はiOS/Androidのどちらもケーブル1本直結で再生できる。今後スマホを乗り換えても使えるのが大きなメリット。バッテリー機能も搭載していてスマホの充電まで可能。
(2) 「ハイレゾ感」を生み出す高解像&クリアなサウンド
微細な描き込みに格別の強みを持つ『T 51 p』。その音質はシンバルの鋭利な響きなど、各楽器の解像感と透明感を表現するには密閉型ポータブルヘッドホンの最高峰と言える。

文/高橋敦 撮影/篠田麦也

※『デジモノステーション』2015年7月号より