まとめアプリで“勉強ノート作り”の腕を磨け【文具王のデジタルグッズ考察】

20150619_02_001

今回は、勉強ノートまとめアプリ『Clear』から、「勉強」について考えたいと思います。『Clear』は、中・高・大学生が勉強ノートを共有するアプリ。勉強するために手書きしたノートを撮影してアップしたり、学年・科目別で検索したり。ただ共有するだけでなく、コメント欄で解けない問題を教え合うこともできる。閲覧数が多かったり「いいね」された数が多いノートは自動的にランキングされます。それをモチベーションに良いノートをアップし続ける、ハガキ職人ならぬノート職人のような人も登場しています。

勉強ノートを共有できる!
アルクテラス
Clear
20150619_02_002
iOSAndroid
価格:無料

20150619_02_004
▲中・高・大学生がアップした一万冊以上の勉強ノートが共有できるアプリ。暗記シールやマーカーを使ってノートをわかりやすくカスタムする機能もある。

勉強の内容をまとめて理解するためのノートというのは、作るのが意外と難しい。色ペンの使い分けやコピーを切り貼りした編集ノートなど、方法論は色々あるけど、結局どうやってノートを取ればいいのかわからない、という人は多いんです。わからないなら、成績の良い人のノートを見るのが手っ取り早い。有名大学を目指す人はどうやってノートを取っているのか、見たいじゃないですか。でも、地方だと学生の絶対数が少なくて、必然的にそういう大学を目指す人も減る。上手なノートを見る機会も少なくなるでしょう。

20150619_02_003
▲教科タブと検索機能を搭載しているので、目当ての過去問や単元を説明したノートを、簡単に見付けることができる。

このアプリを使えば、ノート作りに関しての地域格差は無くなるわけなんです。同じ学年、同じレベルの高校、大学を目指すライバルがノートを介して地域関係無しに繋がれるんですよ。日本のどこにいても勉強するのが孤独じゃなくなる。これはすごく励みになるんじゃないかな。ノートをオンライン共有することで、ノートの使い方を学べたり、勉強の励みになったり。僕の時代にもこれがあればなぁと思うばかり。

【文具王の研究結論】
ノート作りをさらに面白く
20150619_02_006
▲電子ノート的なものに書き込むと、同じ内容を勉強している全国のライバルのノートがパッと検索表示されるシステム。全国のライバルが身近に感じられ、ノート作りの参考になりそう。

■文具王■
20150619_02_005
高畑正幸/テレビ東京系『TVチャンピオン』全国文房具通選手権で3連覇を達成。デジタルグッズは新製品ハードからコアなガジェットまでいじり倒したいこだわり派。

 

文/きだてたく イラスト/文具王 撮影/増原秀樹

※『デジモノステーション』2015年7月号より