SIMカードが付録のSIMガイドブック発売。気になる中身をチェック

20150630_04_01
昨年12月に発売され、業界初のプリペイドSIMカード付属ムックとして話題となった「デジモノステーション1月号増刊 SIM PERFECT BOOK」。その第二弾がいよいよ本日発売となりました。 今回は、au系MVNOであるmineo(マイネオ)全面協力のもと、容量500MBまでの無料データ通信が行なえるnano SIMカードが付属します(前回はNTTドコモ系MVNO「BIC SIM」micro SIMカードを同梱)。

20150630_04_02
ページをめくると……auネットワークを利用できるmineoのnano SIMカードとmineoサービス契約約款用紙が封入されています。

20150630_04_03
その次のページには実際にmineoのサービスを利用するための簡単な接続ガイドを掲載。開通手続き、SIMカード装着、ネットワーク設定のわずか3ステップで使えるようになります(本記事の後半で実際にチャレンジしていますので、興味のある方はこのまま読み進めてくださいね)。

ちなみに「MVNO」(Mobile Virtual Network Operator=仮想移動体通信事業者)とは、auやNTTドコモなど、既存通信キャリアのネットワークを借り受ける形でサービスを提供する事業者のこと。設備投資を考えなくて良いことなどから、大手キャリアと同等のサービスを驚きの低価格で利用できることが売りとなります(スマホに装着する「SIMカード」のかたちでサービスが提供されるため「格安SIM」サービスとも呼ばれています)。その月額料金は高速な4Gデータ通信(LTE)対応のものでも月額1500円前後~。毎月の通信料金を少しでも安くしたいという人から、今、熱烈な支持を集めています。

ただし、これらのサービスを利用するには、そのサービスに対応したスマホが必要に。原則としてMVNOに回線を提供している大手キャリアの端末か、「SIMフリー」と呼ばれるあらゆる通信事業者のネットワークに対応したスマホが必要となります。最近は、対応端末をまとめて販売する「セット販売」も一般的になってきていますが、買い換えで使わなくなった古い端末で利用したい場合などには、それがMVNOのサービスに対応しているかなどを確認せねばなりません。ほか、「MVNO」や「SIMフリー」ならではの注意点も……何となく「安いから」という理由で手を出すには少しハードルの高い選択肢ではありました。実際、その辺りに壁を感じて手を出せずにいた人も多いのではないでしょうか?

本日発売の「デジモノステーション8月号増刊 SIM PERFECT BOOK 02」は、まさにそんな人のためのもの。知識ゼロの状態から同梱SIMカードで実際に通信・通話できるようになるまでを丸ごと凝縮した一冊です。

20150630_04_04
まずは日々状況がアップデートされていくMVNO&SIMフリー関連の最新状況をお勉強。

20150630_04_05
続いてMVNOと相性抜群の最新SIMフリースマホのレビュー記事を。たっぷり20ページを割いて全20モデルを紹介しています。

20150630_04_06
ここ1年で激増したMVNO事業者のサービス内容についても分かりやすくまとめています。料金プランやサービス内容など、似ているようで全然違っているので自分の使い方にあった事業者を見付け出しましょう。

20150630_04_07
初心者向けには「今さら聞けない!? SIMフリーQ&A」コーナーも用意。詳しいつもりでも意外に見落としていることがあるので、ヘビーモバイラーの人も必見ですよ。

ほか、携帯電話ジャーナリスト石野純也さんが語る「SIMフリーの今後」や、個人輸入などといったSIMフリーならではの裏ワザなど、MVNO利用時に知りたい情報がてんこ盛りです。

【おまけ】同梱SIMでMVNO契約をやってみた!!
……というわけで、さっそく「デジモノステーション1月号増刊 SIM PERFECT BOOK」の目玉であるオリジナルSIMカードを試してみました。

20150630_04_08
SIMカードはmineoが提供を受けているauのロゴマーク付き。形状はnano SIMです。数年前から使われ始めた最も小さいタイプですね。

20150630_04_09
今回用意したのはauの『Xperia Z3 SOL26』(ソニー・エリクソン製)。昨年10月に発売されたばかりの高性能端末です。
mineoの動作確認端末についてはこちらを参照してください。

20150630_04_10
まずは解説記事に従って開通手続きを。プッシュホンの電話機を使って「ご利用番号」と「パスコード」を入力するだけで完了。

20150630_04_11
無事開通したら、nano SIMをプラモデルのパーツをランナーから取り外す感覚で分離し、本体側面のSIMカードスロットへ。裏表を間違えないようにしましょう。

20150630_04_12
SIMカードを装着したらスマホを起動。mineoと『Xperia Z3 SOL26』の組みあわせの場合、面倒な設定不要で即ネットワークに繋がります。

20150630_04_13
この通り、『ONLINE デジモノステーション』にも繋がりました。しかも最大150Mbpsの高速データ通信対応なのでWi-Fiかと思うほど速い!!

20150630_04_14
SIMフリースマホなどの場合は、ネットワーク設定は「設定」→「無線とネットワーク」の「その他の設定」→「モバイルネットワーク」をたどっていくと表示される「モバイルネットワーク設定」で行ないます。

20150630_04_15
接続ガイドに従って入力するだけでOK。
詳細はこちらも参照してください。

20150630_04_16
開通後、500MBまでインターネットに繋ぎ放題。残容量はWebの会員ページから確認可能です。

なお、実際にサービスを使って満足した場合は、このままmineoのサービスを継続することが可能です。開通日の翌月末日までに申し込むことで、1310円/月~の月額サービスに移行できます。この際、通常の契約で必要となる契約事務手数料(3240円)が無料に!

接続までにかかった時間はおよそ2~3分(スマホ起動時間など含む)でした。今すぐ、MVNOで格安スマホ生活を始めたいという方、是非ともお試しください。

文/山下達也(ジアスワークス)