Apple Musicだけじゃありません! 国内音楽配信革命

main

これからの「音楽」の話をしよう──

米国などでは主流とも言える支持を集めながら、その複雑な権利関係などから国内への本格導入は難しいとされていた定額制音楽配信サービス。それがこのわずかな期間に一挙3サービスもスタートした。「Apple Music」「AWA」「LINE MUSIC」だ。約1000円/月の課金で、数百万曲を超える豊富な楽曲を好きなだけ聴ける。

音楽CDからアラカルト式のインターネット音楽配信にシフトした楽曲配信は、今、次なるステージとしての定額制へ。奇しくも3サービスともスマホでの視聴を主軸に据えており、配信形態、課金形態だけでなく、聴く機器もシフトさせようとしている。

既にスマホに押され気味のポータブル音楽プレイヤーだが、ハイレゾ対応機などの例外を除き、これで完全に主従が逆転することになるだろう。「音楽をスマホで聴く」スタイルが今年、さらに加速する。

Apple Music
世界100カ国でグランドオープン
昨年アップルが買収した「Beats Music」をベースとしたサービス。iOSでは標準「ミュージック」アプリに統合され手持ちの楽曲とシームレスに音楽再生を楽しめるようにする。

●For You
01_foryou
▲専門家が選んだ旬のプレイリストで音楽の最先端に触れられるのも本サービスの売り。聴取履歴をもとにした、自分専用の「For You」セレクションもうれしい。

●Connect
02_connect
▲お気に入りミュージシャンとのコミュニケーションを促進する簡易SNS。アーティストがファンに向けてコメントや写真、楽曲などを発進することができる。

●Beats 1
03_beats1
▲24時間休みなしに音楽番組(アーティストインタビューなども実施)を流し続けるインターネットラジオ。世界トップレベルのDJたちがセレクトした幅広いジャンルの楽曲を自由に再生できる。

SPEC
月額料金:980円(個人)、1480円(ファミリー) 無料期間:契約後3カ月間 楽曲数:数百万曲(全世界3000万曲) 楽曲ビットレート:~256kbps 対応機種:iOS、Apple TV、Mac、Windows(Androidは今秋対応予定)

AWA
「プレイリスト」でセット再生
テーマに沿って8曲の楽曲をまとめた「プレイリスト」を中心とするサービス。開始時点で約6000のプレイリストを用意するほか、ユーザーが独自のプレイリストを作って共有することも。

●RADIO
04_radio
▲おすすめ曲をまとめた「RECOMMENDED STATION」、ジャンル別の「GENRE STATION」を用意。プレイリストと異なりエンドレスに楽曲をかけ続けてくれる。

●DISCOVERY
05_discovery
▲再生履歴やお気に入り情報などを元に、ユーザーの趣向にマッチするプレイリストをおすすめしてくれる。使い込めば使い込むほど、ぴったりハマるようになる。

SPEC
月額料金:360円(Lite Plan、検索不可)、1080円(Premium Plan) 無料期間:契約後3カ月間 楽曲数:数百万曲(年内に500万曲、2016年中に1000万曲) 楽曲ビットレート:~320kbps 対応機種:iOS、Android(PCは今後対応予定)

LINE MUSIC
スタンプ感覚で音楽をシェア
無料通話アプリ「LINE」との連携を前面に押し出した個性派サービス。サービスサイドからのレコメンドが弱い代わりに、LINEで繋がる友人達と音楽を共有する楽しみを提供する。

●LINEでシェア
06_share
▲友達に聴かせたい楽曲をLINEのトークに投稿する機能を用意。相手がLINE MUSICアプリをインストールしていなくても30秒間まで音楽を試聴できる。

●フレンズチョイス
07_friends
▲LINEで繋がっている別のユーザーがよく聴いている曲が表示される「フレンズチョイス」。個別のユーザー名は表示されないが何人の友人が再生したかは表示される。

SPEC
月額料金:500円(ベーシック、月20時間まで、学割300円)、1000円(プレミアム、学割600円) 無料期間:8月9日まで無料、以降契約後1カ月間 楽曲数:150万曲(年内に500万曲、2016年中に3000万曲) 楽曲ビットレート:~320kbps 対応機種:iOS、Android(PCは7月対応予定)

 

※『デジモノステーション』2015年8月号より抜粋

関連サイト
Apple Music
AWA
LINE MUSIC