梅雨が明けたら即実践!BBQで楽する究極技教えます【冷やす編】

20150704_01_002

デジタルとは無縁に思えるBBQだが電気を使ったグッズを用いることで快適さはアップする。火起こしを楽にするアイテムや、食材やドリンクを冷やすグッズ、そして後片付けをアシストしてくれるものまで、BBQに役立つ製品は意外と多い。

ポイントとなる電源は、乾電池を使ったものも多いが、充電式のカートリッジで動くものや、クルマの12V電源で動くものなどさまざま。電源を確保することで、快適化グッズを活用することができる。BBQの現場でちょっと差の付くデジタルグッズを活用し、快適化を図ろう。
そんなわけで、楽にBBQを楽しむための秘技をポイントごとに紹介してみたい。

梅雨が明けたら即実践!BBQで楽する究極技教えます【肉を焼く編】
梅雨が明けたら即実践!BBQで楽する究極技教えます【ビールの泡編】
梅雨が明けたら即実践!BBQで楽する究極技教えます【涼む編】
梅雨が明けたら即実践!BBQで楽する究極技教えます【洗う編】
梅雨が明けたら即実践!BBQで楽する究極技教えます【明かり編】

今回紹介するのは、飲み物や食べ物を冷やすテクニック。夏場の暑い屋外ではかなり有効な技と言える。

【BBQ快適化のポイント 飲み物や食べ物を冷やす!】
ドリンクや食材を電気の力で冷やす
せっかくのドリンクが冷えていなかったりするとBBQも興ざめ。暑い時期は食材の冷却にも気を遣いたいところだ。短時間であればクーラーボックスに氷や保冷剤を入れていくスタイルでも構わないが、コンプレッサーを持たないペルチェ式の冷温蔵庫なら、クルマのDC12V電源でも冷却できるので便利。氷を使ってビールを効果的に冷やすコンパクトなサーバーもある。

缶ビールをキンキンに冷やし、泡つきで注げるビールサーバー
タカラトミーアーツ
プレミアムビールサーバー 極冷
実勢価格:5700円

20150704_01_003

常温の缶ビール(350ml/500ml)を氷と水で冷やし、クリーミーな泡も注げる多機能な一台。スイッチONから約4分で缶ビールを飲み頃まで冷やせる。重量は695gと持ち運びも十分可能だ。単3形乾電池×4本(別売)を忘れず持って行こう。

20150704_01_004
▲氷に塩を加えれば、さらに氷点下まで冷やすことも可能。氷が少なくなったら、後ろの投入口を開けて追加できる。

20150704_01_005
▲本体上面のスイッチを「COOL」に合わせるとスクリューが回転。冷却水を撹拌して缶ビールを冷やしてくれる。

 

シガーソケットや専用バッテリーで動作
モビクール
ポータブル20L 冷温蔵ボックス
実勢価格:1690円

20150704_01_006

コンパクトなペルチェ式の冷温蔵庫。クルマのシガーソケットに接続して給電できるほか、別売のアシストバッテリー(価格:2万520円)を使えば、電源がない場所でも食材を冷やすことが可能だ。

 

コンパクトながら本格的に冷やせるペルチェ式
モビクール
ポータブル ドリンククーラー
実勢価格:6123円

20150704_01_007

350ml/500m/缶のほか、同容量のペットボトルなども冷やせる。クルマのシガーソケットや家庭用電源が使えるほか、同社のアシストバッテリーも使用可能。専用のマグカップも付属している。

 

文/増谷茂樹 撮影/松川忍

※『デジモノステーション』2015年8月号より

関連サイト
『プレミアムビールサーバー 極冷』製品情報ページ
『ポータブル20L 冷温蔵ボックス』製品情報ページ
『ポータブル ドリンククーラー』製品情報ページ