梅雨が明けたら即実践!BBQで楽する究極技教えます【スマホ充電編】

20150708_01_001

デジタルとは無縁に思えるBBQだが電気を使ったグッズを用いることで快適さはアップする。火起こしを楽にするアイテムや、食材やドリンクを冷やすグッズ、そして後片付けをアシストしてくれるものまで、BBQに役立つ製品は意外と多い。

ポイントとなる電源は、乾電池を使ったものも多いが、充電式のカートリッジで動くものや、クルマの12V電源で動くものなどさまざま。電源を確保することで、快適化グッズを活用することができる。BBQの現場でちょっと差の付くデジタルグッズを活用し、快適化を図ろう。
そんなわけで、楽にBBQを楽しむための秘技をポイントごとに紹介してみたい。

梅雨が明けたら即実践!BBQで楽する究極技教えます【肉を焼く編】
梅雨が明けたら即実践!BBQで楽する究極技教えます【ビールの泡編】
梅雨が明けたら即実践!BBQで楽する究極技教えます【冷やす編】
梅雨が明けたら即実践!BBQで楽する究極技教えます【涼む編】
梅雨が明けたら即実践!BBQで楽する究極技教えます【洗う編】
梅雨が明けたら即実践!BBQで楽する究極技教えます【明かり編】

今回紹介するのは、アウトドアでは究極中の究極とも言える技。BBQの熱を使って発電してしまうグッズを紹介する。これらがあれば、スマホなどのバッテリー切れの心配なしだ。

【BBQ快適化のポイント スマホを充電する】
熱を電気に変換する!
見た目はBBQコンロながら、焚き火の熱を利用して発電し、スマホなどを充電できるグリルも存在する。熱を電気に換えるモジュールを利用し、お湯を沸かしながら発電できるケトルも揃う。

グリルで肉を焼きながら発電!
バイオライト
ベースキャンプ
実勢価格:5万760円

20150708_01_002

直径336mmのグリルを装備し、薪や小枝などを燃やしてBBQが楽しみながら発電も行なえる。2200mAのリチウムイオン電池を内蔵しており、スマホなどの充電も可能。30分の充電で約5時間の通話が可能となる。手元を照らす取り外し可能なLEDライトも付属。

 

発電能力の高い小型ケトル
バイオライト
ケトルチャージ
実勢価格:2万520円

20150708_01_003

容量750mlのケトルに1250mAのリチウムイオン電池を搭載。お湯を湧かす際の熱を電気に変換するシステムで10Wの出力で、15分の充電でスマホで約5時間の通話が可能になる。

 

文/増谷茂樹 撮影/松川忍

※『デジモノステーション』2015年8月号より

関連サイト
『ベースキャンプ』製品情報ページ
『ケトルチャージ』製品情報ページ