そろそろ準備しないと。“夏フェス”を乗り切る究極の装備、教えます

20150708_01_001

広がる青空の下、アーティストとオーディエンスが作り上げる音楽フェス。今回は、そんな音楽フェスで役立つデジタルグッズを紹介する。

【必見!この夏開催の4大音楽フェス】
7/24〜7/26
FUJI ROCK FESTIVAL’15
8/1〜8/2、8/8〜8/9
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015
8/14〜8/15
RIGING SUN ROCK FESTIVAL in Ezo
8/14〜8/16
SUMMER SONIC 2015

まずフェスで命綱となるバッテリーについて。開催地によって通信環境が優れず、一気にスマホが電池切れを起こすことも多い。大容量のバッテリーを持てばいいが、フェスで重い荷物は避けたい。そこで例えば、ライト付きバッテリーを提案したい。最近のフェスで暗所は少ないが、雨天時は自然と視界が悪くなるので、ライトもバッテリー同様に必需品となる。それら必需品をまとめれば荷物を増やすこともない。

このような「+α」のアイテム選びこそがコツとなる。他にも雨に備えた防水グッズなら、同じく必須アイテムのカメラも防水対応にするなど、身軽さを計算しつつ選定しよう。特に必須となる3つのアイテムジャンルからおすすめを紹介する!

 

【1 LIGHT】
暗くなってからのステージチェンジも小型&大光量なライトがあれば安全!

人気ブランドによるLED搭載モデル!
cheero
Energy Plus mini 4400mAh CHE-060
実勢価格:2180円

20150708_01_002

モバイルバッテリーメーカーの雄、cheeroの最新モデルはコンパクトかつ強力なLEDライト付き。『iPhone 6』を約1.5回充電できる容量も魅力だ。

20150708_01_003
▲薄さ12mm、重量110g。同シリーズの中でもコンパクトな設計で、ポケットに入れていてもかさばらないし気にならないサイズだ。複数充電できる容量より軽量性が大事。

SPEC
サイズ:W64×H12×D105mm 重量:110g バッテリー:4400mAh 充電時間:約10時間 利用可能回数:約500回

 

【2 CAMERA】
雨に弱いし落としたら大変。フェスで撮影するなら防水モデルをチョイスしよう!

レンズを離して撮れるフリースタイルカメラ
カシオ
EXILIM EX-FR10
実勢価格:3万7570円

20150708_01_004

レンズとファインダーディスプレイが分離合体! 手を上に伸ばしてステージを手元のディスプレイで見て撮影できる。21mmの超広角だから、俯瞰での記念撮影もOK。人波越しの潜望鏡としても使える優れモノだ。

SPEC
サイズ(合体時):W60.9×H153.1×D34.2mm 重量:175g 撮像素子:1/2.3型有効1400万画素CMOS 光学ズーム:なし(f=21mm) 防水:IPX6・IPX7 防塵:IP6X相当

 

【3 BATTERY】
バッテリーは「+α」アイテムをチョイスして、無駄を省いてステージを軽やかに回ろう!

夏の強い日差しでモバイルバッテリーを充電
HALOS
ソーラーパネル搭載 メッセンジャーバック
実勢価格:4万6224円

20150708_01_005

23×35cmの広面積ソーラーパネルを搭載し、モバイルバッテリーなどのガジェットをチャージするメッセンジャーバックだ。身体にぴったりとフィットするので山の中のフェスでも使いやすい。

20150708_01_006
▲接続端子はmicroUSB端子で、最大出力4W。PCのUSB端子と同等の電力供給が可能で、スマホを急速チャージする。いったんモバイルバッテリーに充電すると使いやすい。

20150708_01_007
▲急な雨や、大量に汗をかいた時のため、着替えの準備も必要。ハンガー付きで収納しやすい作りなので、着替えの入れ替えも楽ちん。

SPEC
サイズ:W480×H400×D70〜140mm 重量:1130g バッテリー:4W

 

【フェスの達人に「楽しみかた&注意点」を聞いてみた!】
20150708_01_008
フェスの達人 堀さん

Q.フェスに最低限必要なものは?
A.まずは装備ですね。特に野外フェスは、寒暖差も天候の移り変わりも激しいので、着脱がスムーズな防水アウターを選びましょう。フェスの楽しみは、この装備選びから始まると言っても過言ではありません!

Q.音楽以外のフェスの楽しみは?
A.フェスでは、映画の上映やパフォーマンスなど音楽以外の催しも楽しめます。手持ち無沙汰になったらフェス飯とビールで私と乾杯しましょう!!

Q.フェスの楽しみって他には何がある?
A.全てのフェスが当てはまるわけではないですが、やっぱり大自然の中でのキャンプは大きな醍醐味です。宿代も浮くのでリーズナブルですよ。

 

文/武者良太 撮影/江藤義典

※『デジモノステーション』2015年8月号より抜粋

関連サイト
『Energy Plus mini』製品情報ページ
『EXILIM EX-FR10』製品情報ページ
『ソーラーパネル搭載 メッセンジャーバック』製品情報ページ