GoProがここまで小さくなった! 新型アクセサリも一挙に登場

icon

この軽さなら、頭に装着しても肩が凝らない!?

アクションカメラの代名詞的な製品「GoPro」の新モデル『GoPro HERO4 Session』が発表されました。前モデルの『HERO4 Black/Silver』と比較して、50%の小型化、40%の軽量化を実現。ギュッとコンパクトな、立方体に近いボディになりました。

00GoProSession_top
▲『GoPro HERO4 Session』の販売価格は5万2000円。新型マウントアクセサリと同じく、7月12日よりGoProのグローバルサイトにて販売開始です。

小型軽量化を実現しながらも、フルHD画質の動画(1080p・60fps)や8メガピクセルの静止画を撮影できる高性能は健在。さらに本体だけで水深10mまでの防水にも対応しました。従来モデルも十分に小型でしたが、より小さく、防水ハウジングも不要になったのは大きなアドバンテージと言えますね。

本体にはボタンがひとつだけと、操作系が非常にシンプルなのも見逃せないポイント。GoProの操作にわずらわされることなく、思いっきりアクティビティに集中できます。

旧モデルからのユーザーにとって嬉しいことに、ボディデザインが小型に刷新されても、各種マウントは旧モデルと同じものが使えるんです。さらに『HERO4 Session』の発表と同時に以下6点の新型マウント、およびアクセサリーも発表されました。

Ball Joint Buckle(ボール ジョイント バックル)
00GoProSession02
▲角度を自在に微調整できるボールヘッドを備え、GoProカメラをマウントから外すことなく、素早く撮影アングルを切り替えられるマウント。

Floaty(フローティー)&The Strap(ザ・ストラップ)
00GoProSession03
▲『HERO4 Session』を水没から守るアクセサリ『Floaty』(左)と、撮影者の手首や足首など、様々な場所にGoProを装着可能にする『The Strap』(右)。いずれも、よりアクティブな撮影を可能にしてくれます。

The Jam(ザ・ジャム)&WindSlayer(ウィンドスレイヤー)
the_jam_windslayer
▲ギターやドラムなど様々な楽器にマウントできる『The Jam』、屋外でのウインドノイズを軽減する『WindSlayer』で、GoProのサウンド品質がさらに向上。

Casey(ケイシー)
00GoProSession04
▲「GoPro」初となる収納アクセサリが『Casey』です。半硬質の防水シェルでGoPro本体と各種周辺アイテムをまとめて保護できるケースが、ついに純正品として登場。

なお、新マウントとアクセサリはいずれも価格未定です。

手に入れれば、夏休みのレジャーやスポーツといったアクティビティに大活躍すること間違いなし。アウトドア派ならチェックしておきたい注目アイテムですね。

文/ワタナベダイスケ

関連サイト
GoProグローバルサイト