1日10円ちょい。日経のニュースで英語学習できるLissNのお得感がすごい

01
「英語、話せたら素敵だけど、お金と時間をかけてスクールに通うのもな~」なんて思っていた今日このごろ。『LissN – 英語で聴くNIKKEI』という、毎日ニュースをチェックするだけで英語が学べるiOSアプリが目にとまってしまいました。

main
▲日本経済新聞や日経MJ、日本産業新聞などのニュースソースを翻訳して「Nikkei Asian Review」に掲載された記事が対象です。

このアプリは、日経の主要ニュースを毎朝5本、英語と日本語で配信してくれるんです。「リッスン(LissN)」の名の通り、英語の記事は米国や英国出身のネイティブスピーカーが読み上げてくれるのでリスニング力を鍛えるのにピッタリ。英語と日本語のテキストを切り替えて読み比べたり、記事中の気になる単語を簡単に調べたりもできます。通勤時間などちょっとした隙間時間に本格的に英語を学べるなんて、まさに待ってましたという感じ。それに、日経で英語のお勉強、ってちょっとかっこよくないですか?

しかも価格は月額税込360円。スタバのフラペチーノより安い! 1日にしてしまえば約11円ほどで日経グループの発行する記事が英語と日本語で読めるというお得っぷり。ちなみに日経ビジネスデジタル版は年間購読料金が2万2000円、月額にすると約1800円、1日あたり60円なので、これは破格です。読める量は全然違いますけど、1日5本みっちり読んだら十分な気もします。初回利用時は1カ月無料というのもうれしい。今までツムツムで潰してた時間で、タイムリーなビジネスの話題と英語表現が身につくなんて考えただけでもワクワクしますね。

文/おきざきみあ(HEW)

関連サイト
製品情報