電波が最悪の部屋でもテレビが映る。新「プライベート・ビエラ」最強説

20150709_04_01
ここ最近、“小っちゃいテレビ”ユーザーの人々から熱く支持されているテレビがあります。

パナソニックの「プライベート・ビエラ」。10V型~19V型の小さなテレビです。
テレビモニターと、チューナーやHDDが入ったボックスとが分離しており、ボックス側で受信した番組をWi-Fiでモニター側に飛ばしてテレビが観られます。

特長はモニターがワイヤレスのため、置く場所・観る場所を選ばないこと。
(当初は「ディーガプラス」という名前で、HDDレコーダーの一種として始まった製品でもあります)

20150709_04_02

そんな「プライベート・ビエラ」ですが、最新モデルではWi-Fiのつながりやすさがかなりアップしているらしい、というのがかなり気になっていました。

実はわが家には、「テレビがどうしても映らない、Wi-Fiも届きにくい部屋」があります。
Wi-Fiさえ届けば、スマホでもタブレットでもテレビを映す方法はある今日この頃ですが、そのWi-Fiがあてにならず……
今回「プライベート・ビエラ」の情報を得て、これが解決の糸口になるかを確認してみることにしました。

20150709_04_03

今回試したのは『プライベート・ビエラ UN-19F5』
モニターの画面サイズは19V型で、据え置きのテレビとしても活躍できる一番大きなタイプです。
一般的なテレビやレコーダーと同じようなリモコンが付いています。

20150709_04_04

こちらが電波環境最悪の、わが家の問題の部屋。いわゆる書斎です。
テレビのアンテナ線がまったく届かず、かつWi-Fiの親機からも離れているために、ここでテレビを観るのは困難をきわめていたところ。

20150709_04_05

テレビのアンテナ線がある和室(書斎から2部屋隔てた場所)に、『UN-19F5』のチューナーボックスを置きます。

20150709_04_06

そして書斎にモニターを設置。
受信!
お~!この部屋でついにテレビが映った!!
拍子抜けぐらいすんなりスムーズです。この電波の強度は本物。

20150709_04_07

番組表はこんな感じで、一般的なテレビと同じように表示。

20150709_04_08

『UN-19F5』はHDD非搭載ですが、別売りのUSB HDDをつなげば録画もできるようになります。

なお「プライベート・ビエラ」では普通のテレビとは違い、初めにWi-Fiの接続があるので、電源オンからテレビが映るまでに30秒弱のタイムラグがあります。
逆に、Wi-Fiを経由しているにもかかわらず放送受信の遅延はわずかで、リアルタイムで普通のテレビを観るのと比べ1秒程度の誤差で表示してくれるようです。
これならスポーツ観戦とかにもイケそうですね。

そんな感動もさめやらぬ中、今回は「プライベート・ビエラ」をもう一機種試してみました。
小型・防水タイプの『UN-10E5』です。

20150709_04_09

今度は半分ぐらいの大きさになりました。作業机の脇に置くにはこれぐらいで十分な感じですね。
そしてやはりスムーズに映ってます……すばらしいなぁ。

20150709_04_10

こちらは防水で、お風呂に持ち込むことを想定した製品ですが、先に試した『UN-19F5』との大きな違いはバッテリーを内蔵していること。
電源ケーブルの縛りがないのは非常にありがたく、こちらは家中で気軽に移動しながらテレビが観られます。

20150709_04_11

また本製品にはシリーズで唯一、防水のリモコンが付属しています。
最上位機『T5』シリーズは画面のタッチパネルで操作ができるため、このリモコンが別売りになるのですが、テーブルなどで観るときはやはりリモコンが欲しいところ。
その点でも廉価版の『E5』はかなりお得な気がします。

さて、テレビがあっさり映って欲が出てきたので、もう少し他の機能も試してみました。

20150709_04_12

本製品、初期設定ではチューナーボックス(レコーダー部)・モニター間がWi-Fiで直接つながっていますが、接続方法を変えると他の機器と連携したりできるようになります。
一見ややこしそうですが、設定画面がかなりわかりやすい図解になっていて好感が持てました。

ここで「無線LANアクセスポイントと無線接続」を選ぶと、家じゅうのレコーダー(DLNA対応機器)とリンクします。

20150709_04_13

20150709_04_14

本来はパナソニックの「ディーガ」が推奨されるところですが……自宅にあったソニーのレコーダーでもバッチリ認識されました。他社製ですみません。

しかし、これで家じゅうの録画番組が観られるわけだから超便利ですね。
これなら、「プライベート・ビエラ」本体でわざわざ録画しなくても不自由なさそう。

なお、Wi-Fiのアクセスポイントを経由する方法にすると、再生の快適さはもともと使っているアクセスポイントの電波感度に左右されます。
わが家のように電波環境が良くない場合はここが微妙なので、実際はレコーダー部・モニターを直接接続するのが一番ストレスなく使えるようでした。

20150709_04_15

うちの書斎にテレビをもたらした「プライベート・ビエラ」……正直、かなりグッときてます。

『UN-10E5』は廉価モデルというだけあり、実勢価格は4万円台前半と、買い得感強し。
レコーダーのヘビーユーザーにも、「そもそも家にテレビもレコーダーもないよ」という人にも教えてあげたい一品です。

20150709_04_16
▲パナソニック『プライベート・ビエラ UN-19F5』

20150709_04_17
▲パナソニック『プライベート・ビエラ UN-10E5』

文/柳 雄大(編集部)

関連サイト
プライベート・ビエラ | Panasonic