家中どこでもこれ1台【スティック掃除機どれ買うナビ(7)】

main

2in1で本格サイクロン搭載
ブラック・アンド・デッカー
2in1サイクロンコードレススティッククリーナー ORA CS3250
実勢価格:4万8384円
ダストカップ容量:0.45L バッテリー:リチウムイオン 充電時間:約4時間

大型のサイクロンを横向きに搭載したハンディ部を取り外して使える、自立型2in1スティック掃除機。本体やハンディ部は他社に比べて若干重さを感じるものの、ハンディ部に内蔵する延長ホースを筆頭にツール類が充実しているのが大きな魅力となっている。

集塵
吸引力が99.9%以上持続する12気筒の「ルート12サイクロン」を横向きに配置することで、スティックでもハンディでも使える2in1スタイルながら本格サイクロン機構の採用を実現した。

フロアノズル
ペットフードからマカロニ、コーヒー、小麦粉まで、大きさの異なるさまざまな種類のゴミを吸えるように3種類のブラシとラバーを組み合わせたフロアヘッドを日本市場向けに開発した。

選びのポイント5
(1) 操作性/取り回し
01
▲約3.6kgと重めの本体を自立させる目的もあってか、細かい取り回しは得意ではない。しかしフロア掃除においてはほとんど重さは気にならず、大きなゴミも小さなゴミもしっかり吸えて快適だ。

(2) 掃除できる場所
02
▲ハンディ部に延長ホースが付いており、卓上や狭い場所の掃除もラクラク。5種類のツールが付属するので、家の中だけでなく自動車内まで幅広く使える。高所掃除時にはショルダーストラップも便利だ。

(3) スタミナ
最長25分
強運転23分

▲パワーブラシ使用時で約25分の連続掃除が可能。ハンディ部の下部にある充電池残量ランプで、バッテリー残量(充電状態)が一目でわかるようになっている。

(4) ゴミ捨て/メンテナンス
03
▲手を汚さずにワンタッチでゴミ捨てができる。ダストカップやサイクロン、ブラシ、スポンジフィルターは水洗い可能なので、いつでも清潔に保てる。ブラシがワンタッチで取り外せるのも魅力だ。

(5) デザイン/収納性
04
▲無骨でメカメカしい感はあるものの、どこか目を引く英国生まれのデザインを採用。充電台にはツール類をすべて収納できる。いつでも好きな場所を掃除できるのがうれしい点だ。

こんな人におすすめ
1台でどこでも掃除したい人向き
取り回しに若干課題はあるものの、大きなゴミから細かいホコリまでしっかり取れるのでフロア掃除はバッチリ。ツール類がかなり充実するので、家中のさまざまな場所をこれ1台で掃除したいという人に最適だ。実勢価格も発売時からこなれてきているので買い時。
chart

SPEC
サイズ:W270×H1120×D210mm(スティック本体) 質量:3.6kg 使用時間:最長25分(強モードで23分)

関連記事
やっぱりサイクロンはダイソン?【スティック掃除機どれ買うナビ(1)】
スタイルよし、性能よしのこの1台【スティック掃除機どれ買うナビ(2)】
絨毯やラグばかりの我が家には【スティック掃除機どれ買うナビ(3)】
パタパタたたんでコンパクト収納【スティック掃除機どれ買うナビ(4)】
モダンな2in1のお買い得度がパンパない【スティック掃除機どれ買うナビ(5)】
フロアと一緒に空気もキレイに【スティック掃除機どれ買うナビ(6)】
家中どこでもこれ1台【スティック掃除機どれ買うナビ(7)】
価格? 水拭き? 個性派ハンディーはこれ【スティック掃除機どれ買うナビ(番外編)】

 

文/安蔵靖志 撮影/下城英悟(GREEN HOUSE)

※『デジモノステーション』2015年8月号より抜粋

関連サイト
製品情報