「転送してくれ!」スタートレック公式Bluetoothハンドセットの完成度が高すぎ

01

新作映画の公開を控えた「スター・ウォーズ(Star Wars)」と双璧を成す、アメリカの名SFシリーズ「スタートレック(Star Trek)」より、初代シリーズのコミュニケーターを忠実に再現したレプリカプロップ(複製小道具)が登場しました。懐かしさの漂うルックスながら、Bluetoothハンドセットとして利用できるという実用性も兼ね備えた『Star Trek The Original Series Communicator Bluetooth Handset』です。

「これまでに作られたなかで最も正確なレプリカ」であるという本製品は、劇中に登場した小道具の3Dスキャンを基にダイキャスト、アルミ、ABSで作られた精巧な仕上がり。レトロSF感満点の内部ディテールも完全再現されています。原作を知らない若い人たちのなかにも、このルックスに「ビビッ」と来てしまう人はいるのでは?

02
▲カーク艦長の定番フレーズ「転送してくれ!(Beam me up!)」と思わず言いたくなる精巧な作り。ファンにはたまりません。

その見た目に反して(?)、スタンドが内蔵バッテリーのワイヤレス充電機能を備えているなど、スペック的には最新機器としての性能を備えていますし、高品質なスピーカーとMEMSマイクロフォンでクリアなハンズフリー通話ができます。もちろんBluetoothに対応するあらゆる機器からの音楽再生もOK。

スタートレックのサウンドエフェクトも収録された本製品、だいぶ先の2016年1月出荷予定ながら、現在すでに公式サイトでの予約受付中。お値段は149.95ドルとのこと。Bluetoothハンドセットとしてはやや高額ですが、これだけ出来が良いと思わずポチッてしまいそうになりますね。

 

文/ワタナベダイスケ

関連サイト
製品情報(Kickstarter)