人混みではぐれても慌てず起動。待ち合わせの鉄板アプリ3選

top

花火大会や夏祭りの人混みでは、電話が通じなくなることがあります。そんな場合に活用したいのが、待ち合わせアプリ。出かける前にあらかじめ設定を済ませておきましょう。

「LINE」は現在地の地図が送れる
コニュニケーションアプリのなかでも断トツの人気を誇る「LINE」。無料通話やメッセージが送れるだけでなく、現在地の地図を友だちに送ることもできるんです。

1

まずはトーク画面を開き、メッセージ入力欄の左にある「+」をタップし、「位置情報」を選択します。

2

地図が表示されたら、赤い旗を送信したいポイントに移動し、「この位置を送信」をタップしましょう。

3

すると、相手に住所が送信されます。受信した人はこの住所をタップすると、地図アプリが起動し、位置情報を地図上で確認できちゃいます! 初めて訪れる場所でも、これならスムーズに待ち合わせができますね。

<アプリ名>
LINE
<詳細>
開発:LINE Corporation
価格:無料
【iOS版はこちら】
【Android版はこちら】

「待ち合わせの達人」はリアルタイムな相手の居場所がわかる
自分だけでなく相手の居場所も確認したいなら「待ち合わせの達人」がオススメ。複数名でも利用できるので、グループで待ち合わせをしたいときにも役立ちます。

45

アプリをインストールしたら、まずはGPSをオンにしましょう。iPhoneの場合は「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」→「待ち合わせの達人」の順に進み、「常に許可」にチェックを付けす。Androidの場合は、通知パネルや「設定」で「位置情報」をオンにしましょう。

6

アプリを起動し、名前とグループ名を入力します。このアプリは、ほかの友だちが同じグループ名を入力すると、同じグループとして認識されます。グループ名を複雑にしておけば、知らない人がグループに入ることはありません。あとはアイコンを設定すれば準備完了!

7

「Map」を開くと、同じグループ内の友だちの現在地がアイコンで表示されます。

8

「LIST」では、グループ内の友だち一覧が確認でき、いずれかのメンバーを選択すると、「追跡モード」に切り替わります。追跡モードとは、常にそのユーザーを画面の中心に表示する機能で、終了するには地図をタップしましょう。

9

地図を長押しすると、「家バレ防止機能」の設定画面が表示されます。設定すると、任意の選択範囲にいるときだけ位置情報の送信を停止するので、他の人に自宅などを知られるのを防げます。

待ち合わせのときだけアプリを起動し、それ以外は終了するよう心がけましょう。

<アプリ名>
待ち合わせの達人
<詳細>
開発:sonic-labo
価格:無料
【iOS版はこちら】
【Android版はこちら】

「Jink」でメッセージをやり取りしながら待ち合わせ
場所の共有だけでなく、メッセージをやり取りしたり、電話をかけたりできるのが「Jink」の魅力です。

10 11

最初に自分の電話番号を認証して利用を開始します。位置情報を知りたい相手を電話帳から選択、もしくは電話番号を入力すれば、メッセージ画面が表示されます。ここからメッセージを送ったり、電話をかけたりできるので、ほかのアプリを使う必要がありません!

12

画面右上の「Meet」をタップすると、お互いの現在地が地図上に表示されます。ただし、招待された側の人が許可しないとこの機能は使えないので要注意。

自分の居場所だけを知らせたいなら、相手のアイコンを2回タップしましょう。これで「Hey!」というメッセージが送信され、相手の地図上に自分の現在地がリアルタイムで表示されます。

無事に会う事ができたら、位置情報の共有は自動的に終了します。会わなかった際は一定時間が経つと共有を自動終了するので、プライバシー面も安心ですね。もちろん、自分で共有を終了することも可能です。

<アプリ名>
Jink
<詳細>
開発:Greenhouse Apps, Inc
価格:無料
【iOS版はこちら】
【Android版はこちら】

今年の夏は待ち合わせアプリを使って、大切な人との夏の思い出をどんどん作ってくださいね。

文/今西絢美(ゴーズ)