スチームレンジでササッとローストビーフ【最新家電で絶品おつまみ(1)】

00

絶品和食から時短メニューまでコンパクトなのに自由自在
01
パナソニック
Jコンセプト スチームオーブンレンジ 3つ星ビストロ NE-JBS652
実勢価格:9万2000円

最新キッチン家電を駆使して自宅が最高の居酒屋に変身!

最近では居酒屋などに行くよりも、自宅でゆっくり自分のペースで飲む方が好きという方が増えている。さらに気の置けない友人を自宅に招いての宅飲みはより気楽に飲める。

しかし、そんなときのお酒の友が、乾き物やコンビニのお総菜だけというのはつまらない。最新キッチン家電を駆使すれば、下手な居酒屋なんかでは食べられないような絶品おつまみが楽しめるのだ。

たとえば最新のスチームオーブンレンジにはフライパンや鍋などを使って料理するよりも、素早く簡単におつまみが作れるメニューが充実している。パナソニックの『3つ星ビストロ NE-JBS652』なら10分や15分で作れる時短おかずメニューを多数搭載しているほか、おかずにもおつまみにもなる定番和食も簡単に作れるのだ。というわけで、ここでは最新キッチン家電で作れるおすすめのおつまみを紹介する。

料理のスキルもほとんど不要。食材を包丁で切る程度の下ごしらえは必要だが、あとは材料と調味料をあわせて、レシピ通りにキッチン家電にセットするだけで完成する。さらに今回は、それらのおつまみにマッチするお酒も、プロのシニアソムリエに教えてもらった。

あとは、これらのおつまみを実際に作って、最高の晩酌を楽しむだけ。最新キッチン家電があれば、自宅が最高の居酒屋になる。

02
▲文字サイズが大きく見やすいカラータッチ液晶を搭載。さらに大型ボタンに切り替えられるので、高齢者にも安心だ。

03
▲自宅での晩酌に最適なのがおかずにもおつまみにもなる定番の和食。写真入りのメニューから簡単に選択できる。

04
▲ボディは「豊穣」をイメージ。水田の稲穂が風になびいているような上質なデザインだ。

05
▲少人数世帯のおかずやちょっとした量のおつまみ作りに最適な庫内容量とサイズを採用している。

●こんな料理とこのお酒

【クイックローストビーフ】
06

07
▲少人数世帯のおかずやちょっとした量のおつまみ作りに最適な庫内容量とサイズを採用している。

20
▲20分ほど焼いたら、すぐにアルミホイルに包んでさらに15分ほど蒸らす。余熱でしっかりと火を通そう。

ソムリエ直伝●赤肉にはやっぱりコクのある赤ワインを
牛肉に合うのはやっぱり赤ワインです。しかし、今回のローストビーフは、本格的なタイプというよりも、おつまみ感覚で食べられる手軽なローストビーフ。であれば、軽めの赤ワインの方が相性は良さそうですね。例えば、熊本の「マスカットベリーA」は、軽いけどコクのある赤ワインで、ビーフの旨みや食感を高めてくれます。さらに、飲み応えを重視する方でしたら、ミディアムボディの島根「奥出雲メルロー」がおすすめですね。

【ハーブチキンスペアリブ】
08

09
▲タマネギをすり下ろしてチキンスペアリブのつけダレに使う。タマネギの甘みで鶏肉を包み込む。

10
▲焼くときにちょっと多めに粉チーズをまぶす。この粉チーズが塩気と香ばしさを演出してくれる。

ソムリエ直伝●きりっとした日本酒か赤ワインを
タマネギの甘みと粉チーズの香りが楽しい洋風のおかずの出来上がり。とはいえ、食べ応えのあるスペアリブですので、スッキリと香りのいい日本酒を合わせることをおすすめします。例えば、山形の「吟醸 出羽桜」や山口の「純米大吟醸 獺祭50」などがベストです。定番の赤ワインとあわせる場合は「ドメーヌ・タカヒコ・ヨイチ・ノボリ・パストゥグラン」を。こちらは北海道の余市で作られた国産ワインですが、薫りの良さなどで定評のある一本です。

【塩鯖&なすのピリ辛和え】
11

12
▲塩鯖をグリル皿に載せ、茄子は耐熱ボウルに入れて下段にセット。蒸し終わったあと茄子に調味料を合わせるだけで完成だ。

ソムリエ直伝●塩気と辛さを白ワインが受け止めてくれます
日本料理の定番とも言えるレシピ。それなら、ごはんや日本酒と言いたいところですが、今回はあえて白ワインをおすすめします。山梨・四恩酒造の「窓辺(橙)」は普通の白ワインよりコクがあり赤に近いタイプ。サバの塩気、そして辛みとの相性は抜群です。また、フランス、アルザスの「アルベール・ボクスレ・ゲヴェルツトラミネール」なら華やかな香りでまとめてくれるでしょう。どちらも和食と白ワインの組み合わせが絶品で、きっと驚いてもらえると思います。

【鶏の西京焼き】
13

14
▲一口大に切った鶏モモ肉に調味料と西京味噌を加えて混ぜあわせる。西京味噌は入れすぎるとくどいので抑えめに。

15
▲皮面を上にして焼きあげる。そのとき皮面にすりごまを散らす。このごまの香りが溜まらない。

ソムリエ直伝●西京味噌の甘みを辛口日本酒でスッキリと
柔らかい鶏モモ肉に西京味噌の甘みと焦げた香りが楽しめる1品。味噌を使ったメニューだけに、この味わいをしっかりと受け止め、引き立たせられるのはやっぱり日本酒ですね。なかでもキリッとした飲み口の大吟醸なら、西京味噌の濃厚な味、強い甘みをスッキリと洗い流してくれます。おすすめは兵庫県本田商店の「大吟醸 龍力 米のささやき」。キレのいい辛口の飲み口なので、西京焼きを一口一口、新鮮な味わいでいただけそうですね。

お酒を教えてくれたのはこの人!
シニア・ソムリエ 坂上浩二さん
16
▲バーテンダーを務めた後、ソムリエに。社団法人日本ソムリエ協会認定シニアソムリエ。現在は自由が丘のフレンチ「Oasis Dream」に勤務。

 

文/コヤマタカヒロ 撮影/下城英悟(GREEN HOUSE)

※『デジモノステーション』2015年8月号より抜粋

関連記事
スチームレンジでササッとローストビーフ【最新家電で絶品おつまみ(1)】
プチトマトの絞りカスが大変身【最新家電で絶品おつまみ(2)】

たこ焼きプレートでアヒージョを作る【最新家電で絶品おつまみ(3)】
プルとろっ。牛すじの煮物を作る【最新家電で絶品おつまみ(4)】
甘みと旨みたっぷりの蒸し野菜を作る【最新家電で絶品おつまみ(5)】

関連サイト
製品情報