宙に浮くスピーカーの新型『AirSpeaker2』が無線すぎる

digimono_airspeaker01
浮かんでいるだけでもスゴすぎるのに、あれがさらなるパワーアップを遂げました!

2015年3月に発売された『AirSpeaker』といえば、宙に浮いている未来的デザインで話題となったBluetoothスピーカー。ラスベガスで開催された世界的な家電見本市「International CES」において、「Best Innovation Award」(最優秀イノベーション賞)を受賞したことでも知られています。


▲現行モデル『AirSpeaker』の動画を見ると、たしかに浮いてます!

そんな注目さめやらぬなか、無線化を実現した新モデル『AirSpeaker2』が発表されました。特にインパクトがあるのは、非接触充電に対応したことで、スピーカー部を宙に浮かせたまま充電が行えます。しかも操作ボタンがタッチパネル化されたことにより、浮かんだ状態でのコントロールが容易になっているのです。

digimono_airspeaker02
▲ボタンの突起がなくなって、いっそう「空飛ぶ円盤」っぽくツルッとしたデザインになりました。

スピーカー本来の機能面でも、従来は3Wだった出力が5Wにパワーアップされ、より迫力あるサウンドを期待できそう。すでに開発は最終段階に入っているとのことで、2015年冬には発売される見通しとされていますよ。これは楽しみですね。

ちなみに現行モデルの『AirSpeaker』は7月21日より価格が改定され、2万4624円から1万9980円になるのだそう。『AirSpeaker2』を待ちきれないという人は、お求めになりやすい現行モデルの購入を検討してみるのも良いかもしれません。

 

文/ワタナベダイスケ

関連サイト
プレスリリース(ドリームニュース)
製品情報(AirSpeaker)