たこ焼きプレートでアヒージョを作る【最新家電で絶品おつまみ(3)】

main

お手軽サイズで卓上料理を楽しむ
01
イデアインターナショナル
BRUNOコンパクトホットプレート
実勢価格:9504円

最大250℃で食材を加熱できるホットプレート。フラットプレートの他、たこ焼き用プレートが標準付属。ホーロー製品をイメージしたデザインを採用しており、食卓にもオシャレに置ける。オプションでグリルプレートやセラミックコート鍋なども用意する。

02
▲本体正面に温度設定をするレバーを配置。保温のWARMからHIまで温度設定が記載されているが、無段階で調整することが可能だ。

03
▲たこ焼きプレートのほか、多目的で使える平面プレートが標準で付属され、さまざまな料理に対応。野菜炒めや焼きそば、パエリアなどを作ることができる。

SPEC
サイズ:W375×H140×D235mm 質量:2.2kg(たこ焼きプレート時) 消費電力:1200W 温度設定:最大250℃

●こんな料理とこのお酒

【アヒージョ】
05

04
▲オリーブオイルにみじん切りにしたニンニクとアンチョビを加え、しっかりと混ぜあわせておく。これをたこ焼きの穴ひとつひとつに投入して加熱。香りが立ってきたら食材を入れる。

ソムリエ直伝●スペイン伝統のおつまみにはスペインのシェリーで
シーフードやトマトなどをアンチョビのソースで煮たアヒージョ。通常お店などでしか食べられないようなスペインの定番メニューも手軽に完成できます。地のメニューに最も合うのは、やはり地のお酒です。同じスペインのシェリー「バルデスピノデリシオーサ マンサニージャ」は最も辛口のタイプで香り豊かなアヒージョとの相性は抜群。煮込む具材にもよりますが、アヒージョ×シェリーは他にはないほどの王道の組み合わせなんです。

お酒を教えてくれたのはこの人!
シニア・ソムリエ 坂上浩二さん
16
▲バーテンダーを務めた後、ソムリエに。社団法人日本ソムリエ協会認定シニアソムリエ。現在は自由が丘のフレンチ「Oasis Dream」に勤務。

 

文/コヤマタカヒロ 撮影/下城英悟(GREEN HOUSE)

※『デジモノステーション』2015年8月号より抜粋

関連記事
スチームレンジでササッとローストビーフ【最新家電で絶品おつまみ(1)】
トマトの絞りカスが大変身【最新家電で絶品おつまみ(2)】
たこ焼きプレートでアヒージョを作る【最新家電で絶品おつまみ(3)】
プルとろっ。牛すじの煮物を作る【最新家電で絶品おつまみ(4)】
甘みと旨みたっぷりの蒸し野菜を作る【最新家電で絶品おつまみ(5)】

関連サイト
製品情報