【速報】新「LAVIE Tab E」発表!“Dolby Atmos”サラウンドに対応

main

NECのAndroidタブレット「LAVIE Tab E」シリーズの最新モデルが7月23日に発売されますよ!

8型の『LAVIE Tab E TE508/BAW』は従来モデルと比べ画面周りのフレームが細くなり、片手でもより持ちやすいデザインに進化しました。一方、10.1型の『LAVIE Tab E TE510/BAL』のディスプレイはフルHDのIPS液晶。3スピーカーのサウンドバーも備えているので快適に写真や映画を楽しめます。

2 1
▲『LAVIE Tab E TE508/BAW』(左)と『LAVIE Tab E TE510/BAL』(右)。

両モデル共に「Dolby Atmos」(ドルビーアトモス)に対応していることもポイント。これは頭上からも音が届いてくるような3Dサウンドを実現する規格で、タブレットがDolby Atmosに対応しているのはかなりレアなのです(価格帯がずっと上の『Amazon Kindle Fire HDX 8.9』が採用していましたが)。タブレットは映画やミュージックビデオを見るのに使ってます! なんて人にはピッタリですね。

4 3
▲『LAVIE Tab E TE508/BAW』(左)と『LAVIE Tab E TE510/BAL』(右)の背面。シンプルです。

そのほか、旅先などで販売店が近隣にない場所からでも、修理を請け負ってくれるサービスも同時スタート。これまではタブレットが壊れたら、自宅まで修理品をとりに来てもらうか販売店に持ち込むなんて手間がありましたが、このサービスでは近くのコンビニなどから宅配便で修理センターにタブレットを送ることができるようになります。これ、地味に便利なサービスじゃないですか?

6 5
▲厚さは、『LAVIE Tab E TE508/BAW』(左)が8.9mm、『LAVIE Tab E TE510/BAL』(右)が8.99mmです。

気になるお値段は『LAVIE Tab E TE508/BAW』が2万4624円、『LAVIE Tab E TE510/BAL』が3万6504円。修理に送るのも楽ちんですし、タブレット初心者も安心して使えそうですね。

 

文/おきざきみあ(HEW)

関連サイト
NECパーソナル製品情報