一家に一台!? 『スター・ウォーズ:バトル ポッド』、456万円の価値を確かめてきた

20150723_05_01

「スター・ウォーズ」を全身で体感できる夢のマシン、『スター・ウォーズ:バトル ポッド』。

今年から順次稼働が始まっているアーケード用ゲーム機ですが、なんとこの筐体、期間限定の予約販売により個人でも買うことができます
価格は税込み456万円(国内送料・設置費用込み)と、まさしくケタ違い……
仕掛けるのはバンダイナムコエンターテインメント。これまでいくつもの大型筐体ゲームを成功させてきているメーカーです。
「これはあまりにも気になりすぎる!」と思い、さっそくバンダイナムコさん本社に突撃することに。

20150723_05_02

すると… なんと、エントランスのフロアに堂々と置いてありました。
こうこうと輝くSTAR WARSロゴ……間違いない、これがウワサの『スター・ウォーズ:バトル ポッド』だ!

今回は特別に許可をもらって、このフロアにある筐体で体験プレーをさせてもらいました。

20150723_05_03

サイズは幅1880mm×高さ2400mm×奥行き1700mm。大人1人が中に入って遊ぶ物なので、当然でっかい!
かなり試行錯誤があったという筐体のデザインは、映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』でオビ=ワンがスイッチを切りにいくデス・スターのトラクタービーム発生装置に着想を得て作られたものなんだとか。

ちなみにゲームは1人用ですが、「OPEN」と書かれたドアの部分は半透明になっていて、室内の様子は外側から覗くこともできます。

20150723_05_04

ポッドの室内に入ると、前方の視野角左右180度を覆うドームスクリーンと座席、操縦桿(スロットル&レバー)が。
ドームスクリーンは、天井からフルHDのプロジェクター(魚眼レンズになっている)を投影して映す仕組み。湾曲したスクリーンに映しても、文字などの表示が見にくくならないよう工夫して調整されたものだそうです。

20150723_05_05

スロットル(左)とレバー(右)。
プレイヤーは、「スター・ウォーズ」に登場するさまざまな機体のパイロットとなってこれを操縦します。
一見すると操作は難しそうですが、機体の移動やウェポンの発射は右のレバーに集約されており、慣れるまでは右側の操作に集中していれば結構大丈夫。

さっそく発進してみましょう。

20150723_05_06

座席には5.1chサラウンド、振動、そして“エアーブラスト”の機能が。
このエアーがすごい。「Xウィング」に乗っていざ発進!というその時、機体の加速とともに頭の近くにエアーが吹き付けてきて気分がグググッと高まります。

本機でプレーできるステージは5種類。

ステージ名:「ヤヴィン」 操縦機体:Xウィング 難易度★☆☆☆
20150723_05_07a

20150723_05_07b

エピソード4より、Xウィングに搭乗してデス・スター破壊に向かうミッション。難易度も低めで、まずはこの有名なシーンから遊んでみるのがおすすめ。

ステージ名:「ホス」 操縦機体:スノー・スピーダー 難易度★★☆☆
20150723_05_08a

20150723_05_08b

エピソード5、氷と雪の惑星ホスでの戦いです。スノー・スピーダーに乗って、帝国軍の「AT-AT」をかいくぐりながら進むミッション。

ステージ名:「エンドア」 操縦機体:スピーダー・バイク 難易度★★☆☆
20150723_05_09a

20150723_05_09b

エピソード6、森の惑星エンドアでの攻防。木々を駆け抜けるスピード感が半端じゃないです。辺りを見回すとウロウロしているイウォークのかわいさも再現済み!

ステージ名:「第2デス・スター」 操縦機体:ミレニアム・ファルコン 難易度★★★☆
20150723_05_10a

20150723_05_10b

エピソード6のデス・スター戦は難易度がやや高め。お待ちかねミレニアム・ファルコンでの出撃とあって、“ハイパー・ドライブ”の演出もバッチリ楽しめますよ。

ステージ名:「ベイダーズ・リベンジ」 操縦機体:TIEアドバンスト 難易度★★★★
20150723_05_11a

20150723_05_11b

こちらは本作オリジナルのミッションで、エピソード4・ヤヴィンの戦いの直後のシーンを体験。
ダース・ベイダーとなって反乱同盟軍を討つ側になるわけですが、発進の際に「室内の画面に自分(ベイダー)の姿が鏡映しになって見える」というニクい演出が……。これはぜひ皆さん自身の目で確かめてほしいですね。

以上の5ステージに加えて、今後はステージ追加のアップデートも予定!
もちろん個人販売の購入者もアップデートを受けられます。

ひとしきりプレーさせてもらった感想として……
前だけでなく上方、下方などを見回しながら操縦する体験は、「没入してる!」という感覚が強い。さすがのドームスクリーンです。
最近はヘッドマウントディスプレイを取材することも増えましたが、視野角を覆いつくすスクリーンは、ヘッドマウントディスプレイの超ぜいたく版という感覚で、とてもストレスフリー。

心配だったのが画面の「3D酔い」なんですが、実はこれが全く大丈夫。
プレー中は画面のあちこちに視点を移さなくても集中できるようにアングルが工夫されていて、その効果によるものなんだとか。
機体は目まぐるしく移動しますが、目標をセンターに入れてスイッチ…という基本動作には終始酔わずに集中できたので、なるほど納得です。

各ステージのプレー時間は3~4分とコンパクトですが、画面に音にエアーにと、とにかく情報量が多いので、ハイスコアの記録も目指しつつ何度も何度も体験したくなりました。

もしもこれが家にあったら。

「気分転換にちょっとエンドアひとっ走りしてくる」
「今日は暑いしホスに涼みに行かない~?」

みたいな会話が生まれたりして? 高次元すぎる……。
まさしく究極のファンアイテムです。

個人向け販売の二次予約締め切りまであとわずか、7月27日(月)23:00までとなっています。
お金と設置スペースに覚えのある「SW」マニアの方、お一ついかが?

20150723_05_12

バンダイナムコエンターテインメント
スター・ウォーズ:バトル ポッド/スタンダード・エディション
価格:456万円(税込) 「プレミアムバンダイ」限定販売
予約申込受付中  配送設置日:9月以降予定
※詳細は下記Webサイト参照

STAR WARS ©&™ 2014 Lucasfilm Ltd. All rights reserved.

文/柳 雄大(編集部) 撮影/松浦文生

関連サイト
STAR WARS(スター・ウォーズ)|スター・ウォーズ:バトル ポッド|プレミアムバンダイ