iPad miniに接続して使用するセルフ精液検査キット『iSperm』

01

結婚してもなかなか子供ができずに困っている夫婦は多いと言われています。いわゆる不妊で悩んでいる率は、7組に1組なんだとか。

『iSperm』はiPad miniに接続して使用する、セルフ精液検査キット。倍率200倍の顕微鏡と、それを固定するためのiPad mini用ケース、それに精子を入れる専用の検査チップなどで構成されています。

main
▲iPad mini以外、検査に必要な機器がセットになっています。

精液を採取してチップにセットし、顕微鏡に装着したiPadアプリを起動するだけ。数秒のビデオ撮影と約10秒の検査時間で、自動的に精液の機能を判定してくれます。これまでの検査記録を記録しておくこともできるので、将来の治療にも役立ちそうです。

02
▲アプリは無料でダウンロードして利用可能。全自動で検査してくれます。『iSperm』の価格は100〜200ドルの予定。

文/倉田吉昭

関連サイト
製品情報