録るのも観るのもレコーダーまかせ【上半期ベスト家電:レコーダー編】

main

録るのも観るのも全ておまかせ 低価格で楽しめる全録機!
01
パナソニック
ディーガ DMR-BRX2000
実勢価格:7万2600円

ハイコストパフォーマンスな高性能全録機!
全録専用チューナー×4基に加え、通常録画用チューナー×2を転用することで最大6chの全録が可能なBDレコーダー。チャンネルごとに録画モードを細かく変更したり、どの全録番組にも自動チャプターが利用できるなど、きめ細やかな機能性が魅力的だ。

02
▲長時間録画モードの倍率(圧縮率)を全18モードから細かく選べるのも「ディーガ」ならでは。録画チャンネルや残したい日数に合わせ無駄なく指定できる。

SPEC
全録:最大6ch 内蔵HDD:2TB USB HDD増設:対応 リモート視聴:対応 本体サイズ:W430×H59×D199mm チューナー:地上×7(うち4系統は全録専用)、BS・110度CSデジタル×6(うち4系統は全録専用) 最長録画時間:約16日分(6ch全録/15倍モード)

全録チューナー9ch全てがBS・110度CS対応というこだわりモデル
03
東芝
REGZAサーバー DBR-M590
実勢価格:17万6700円

録画マニアのニーズに応えるハイエンド機
全録レコーダーの先駆けでもある東芝「REGZAサーバー」の最新ハイエンドモデル。全録用チューナー×6+通常録画用チューナー×3を組み合わせ、最大9chの全録が可能に。家庭内の「REGZA」や「REGZAサーバー」の全録番組を統合表示する「タイムシフトリンク」にも対応。

04
▲指定ジャンルや視聴履歴に基づくおすすめなど、さまざまな切り口で録画番組をピックアップしてくれる「ざんまいプレイ」にも対応。

SPEC
全録:最大9ch 内蔵HDD:6TB USB HDD増設:対応 リモート視聴:対応 本体サイズ:W430×H80×D321mm チューナー:地上・BS・110度CSデジタル×9(うち6系統は全録専用) 最長録画時間:約15日分(9ch全録/AVC最低画質)

ドラマファンのためのプチ全録「ドラ丸」がユニーク
05
シャープ
AQUOSブルーレイ BD-T3700

ドラマファン御用達の一台!!
トリプルチューナーと3TB HDDを搭載する、「AQUOSブルーレイ」最上位機。今年のモデルは連続ドラマ番組に絞った自動録画機能「ドラ丸」の新搭載が大きな特長に。スマホ・タブレットからの宅外リモート視聴にも対応する。

SPEC
全録:最大3ch 内蔵HDD:3TB USB HDD増設:対応 リモート視聴:対応 本体サイズ:W430×H61×D236mm チューナー:地上・BS・110度CSデジタル×3 最長録画時間:約3252時間(12倍モード)
【2015年上半期を考察!! 今後は?】
録るのも、観るのもレコーダーにおまかせ
「録画予約しなくていい」全録レコーダーの拡大に代表されるよう、手順が面倒な操作をいかに省略できるかが近年のレコーダーの進化傾向。2015年の最新モデルでは、それが番組視聴時にも波及し、録画した大量の番組の中からユーザーが視聴するであろう番組を自動的にピックアップしてくれる機能などが追加されている。

06
▲パナソニック全録モデルの大きな特長である「新着番組」機能。録画番組の中から毎週観ている番組や話題の番組などを常にまとめて提示してくれる。

文/山下達也(ジアスワークス) 撮影/松浦文生

※『デジモノステーション』2015年9月号より抜粋

関連サイト
製品情報(ディーガ DMR-BRX2000)
製品情報(REGZAサーバー DBR-M590)
製品情報(AQUOSブルーレイ BD-T3700)