【感想】Windows 10は、史上最高の出来だったようです

20150730_Win_001

新しいOSってなんかわくわくしますよね。

2015年7月29日、ついに「Windows 10」が正式リリースされました。Windows 8.1 Updateもしくは、Windows 7のユーザーなら、リリース後1年間に限って、Windows Update経由でWindows 10への無償アップグレードが可能となっています。つまりタダで最新OSが使えるのです。
絶対にWindows 10にしたくないという人は、もちろん今のOSのまま使うこともできます。そんな人はあまりいないとは思いますけど。

20150730_Win_004
▲Windows 10のログイン画面。とてもかっこいい。

さて、マイクロソフトの宣言通り、Windows 10へのアップデートは既に開始されています。テスト版となる「Windows Insider Preview」参加者向けにはアップグレード用ファイルの配信が始まっていますし、Windows 10のインストールファイルをまとめたISOファイルの提供も行なわれています。今後は無償アップグレードの予約者、それ以外のユーザーという順で、Windows Updateによるアップデートが順次行なわれていくでしょう。
パッケージ版については未定のようですが、PCパーツとセットで販売されるDSP版は、8月1日に発売されることが決まっています。

Windows 8.1 Updateもしくは、Windows 7のユーザーなら、無償でアップデート可能と言いましたが、あくまで“アップデート可能である”という点に注意しておきましょう。自分の使っているPCでWindows 10がきちんと動くかどうかは別問題です。機能の一部が使えなかったり、ソフトが上手く動かなかったりなどのトラブルがあるかもしれません。PCメーカーや周辺機器メーカーのWindows 10互換性情報をマイクロソフトがまとめてくれているので、アップデートする前に確認しておくと良さそうです。

Windows 10 互換性情報 & 早わかり簡単操作ガイド

と言うわけで、さっそくWindows 10へアップデートしてみました。細かい変更点が多すぎて隅々まで紹介すると明日になっちゃうので、どんな塩梅なのか、UI系を中心にふわっとお伝えしてみます。ふわっとね。

20150730_Win_002 20150730_Win_003
▲Windows Updateでの配信がなかなかこなかったのでISOイメージからインストールしました。

ぱっと見で変わったと思うのは、やっぱり「スタートメニュー」でしょう。

20150730_Win_005

Windows 7までのスタートやWindows 8のスタートとは全然違う見た目になっています。スタートメニューの左側にアプリやフォルダなどへのリンクが表示され、右側にはタイルが表示される仕組み。Windows 7とWindows 8のスタートをくっつけたような感じですね。

20150730_Win_006
▲左側の「すべてのアプリ」からインストール済みアプリケーションを起動できます。Windows 7までの「すべてのプログラム」みたいな感じです。右側はタイルを使った表示。Windows 8ぽい感じで、設定や電源、よく使うアプリなどを表示でき、使い勝手が大幅に向上しています。

続いてチェックしたいのがディスプレイの右端に表示される、新機能の「アクションセンター」。アップデートやメールの新着といった通知をまとめて表示できるだけでなく、下側に「クイックアクション」と呼ばれるボタンを備えているのがポイントです。ここから無線LANやBluetoothなどのオン/オフ、「タブレットモード」への切り替えも可能です。

20150730_Win_007
▲セキュリティ情報や予定、メールなど、通知はすべてここに集約されます。これまでよりもチェックがしやすく○。機能のオン/オフ、設定の呼び出しが簡単にできる「クイックアクション」が便利です。

アクションセンターは、マウスカーソルを画面右上に持っていくか、Windowsキー+Cキー、もしくは画面の右端からタッチ操作でスワイプのいずれかで表示できるます。Windows 8の「チャーム」の進化版という感じですね。

先程ちらっと出てきた「タブレットモード」は、その名の通りタブレットPCで使いやすいモードです。タブレットモード有効時と無効時では、ソフト(アプリ)の表示、メニューの表示などが大きく変わります。無効時はWindowsストアアプリでもウインドウ表示になり、デスクトップ上でエクスプローラーなどといっしょに使えるようになっています。逆に有効時は、基本的にフルスクリーンで表示されます。
最近ではタブレットPCとしても、ノートPCとしても使える“2 in 1”モデルが増えているので、この機能はなかなか便利そうです。

20150730_Win_008
▲「タブレットモード」をオンにするとこんな感じになります。Windows 8ぽい感じが一気に出てきますね。

「タスクバー」については、新たに検索ボックスが追加されましたが、Windows 8からあまり変わってません。動作しているアプリのアイコンが表示され、アプリをピン留めすればランチャー的に使うこともできます。もちろん、ほかにも細かい違いはありますが。ちなみに通知領域は従来通り右端です。

20150730_Win_009

なお、検索ボックスからの検索は、ファイルだけでなく、ファイルの中身まで検索してくれるのが便利です。アプリ名を検索すれば、使いたいアプリがすぐに見付かるでしょう。もちろんWeb検索も可能です。

……と、ふわっとお届けしましたが、見た目の変化はこんな所でしょうか。
まだ短い時間しか使用してませんが、使い勝手は良好。これ、史上最高の出来なんじゃないですかね。UIもかゆいところに手が届く感じになっていると思います。
アップグレードしても損はないはずなので、とりあえず試してみてくださいな。Windows 8/7からWindows 10にアップグレードした場合は元のOSに戻すことができるのできっと何とかなるはずです。それじゃ続きはまた今度!

文/こばやしなおき(編集部)

関連サイト
『http://www.microsoft.com/ja-jp/』マイクロソフト公式サイト