ミニ四駆を「本物の車」として実現するプロジェクトが始動

02

ミニ四駆と聞いて懐かしい思い出が蘇った人も多いのではないでしょうか。

タミヤが、ミニ四駆を実車化する“1/1ミニ四駆 実車化プロジェクト”のスタートを発表しました。ご存知の方には何をいまさらではありますが、ミニ四駆は単三電池2本とモーターで駆動するレーシングカー型のおもちゃで、80~90年代の小中学生を中心に盛り上がりました。レース用のコースをもった友達の家に押しかけてみんなでバトルした、という人もいますよね。ちなみに、現在も親子層を中心に20~30代の人気が再燃しています。

プロジェクトで実車化に選ばれたのは電動RC・4WDレーシングバギー『アバンテ』をモチーフに作られたミニ四駆の『アバンテJr』、その後継モデルの『エアロ アバンテ』です。

03

04

実車化にあたって、プロモーションビデオ『#01 シャーシ基板篇』が公開されています。まず1/1でシャーシを形成することから始まり、設計図を参照しフレームを測って作られていくのですね。

05

さらに、動画ではデザインについてレーシングカー設計歴30年という設計担当者が語ります。今後も完成まで段階的に動画が公開されるそう。現在もミニ四駆ファンという人はもちろん、昔を思い出したミニ四駆ファンの人もこのプロジェクトは見逃せませんよ!

文/山下佑樹(編集部)

関連サイト
1/1ミニ四駆 実車化プロジェクト・特設サイト