グルメ漫画もビックリ!『光升』でお酒がヒカリマス

digimono_hikarimasu01
ダジャレじゃありません。本当に「光ります」ってば!

雰囲気あるお店でお酒を飲んでいると、店内のほのかな薄暗さが心地よかったりもするんですよね。そんなときに至高の一品に出会うと「おお、これはッ……!」とグルメ漫画よろしく、お酒や料理がピカーッと光り輝いて見えたりしませんか?そんな経験がある人、そうでもない人に関わらず、間違いなくお酒が光って見えるアイテムの出現です。その名もズバリ『光升(HIKARIMASU)』。


digimono_hikarimasu02
▲LEDライトで光らせちゃうわけです。

言うまでもなく、伝統的なヒノキの升にLEDライトによる電飾を仕込んだプロダクト。見た目を損なわないよう升の底部に電子部品を納めつつ、水洗いの際には電気系を取り外せるように工夫されています。また、スマートフォンからの操作で発光する色を変化させることもできるとされています。まあ、光ったからといってお酒の味が変わるわけでもありませんので、あくまでも演出としてのアイテムではありますが。

digimono_hikarimasu03
▲クラウドファンディングで出資すればこんなパーティーが楽しめるかも?

この『光升』は現在、和製クラウドファンディングサイト「Makuake」で資金調達の真っ最中。今からでも1万5000円以上の出資をすれば、2015年12月から2016年1月には光升を手にいれることができますよ。なぜか光らない普通の升がオマケでついてくるプランもあります。

digimono_hikarimasu04
▲「うーーーまーーーいーーーぞーーー!」(ちょっと違いますが)

ちなみに、升の内側が発光するということは、お酒を飲むときには当然口元にも光が当たることにもなります。これを利用して往年の料理アニメ「ミスター味っ子」でお約束の名場面「うーまーいーぞー(ピカーッ!)」を再現してみるのも良いかもしれません。当時少年だった大人たちの特権です。

文/ワタナベダイスケ

関連サイト
製品情報(Makuake)