1万円台のおすすめ3製品はこれだ【上半期ベスト家電:インナーイヤー編】

00

ダイナミックとバランスドアーマチュアの特質を高次元で融合!
01
ダイナミックモーション
DM100
実勢価格:1万7010円
型式:バランスドダイナミック型 ドライバー口径:非公表 再生周波数帯域:20〜20000Hz インピーダンス:24Ω

新発想ドライバーが理想の音調を作り出す
新開発の「バランスドダイナミックドライバー」により、バランスドアーマチュアの繊細な解像感と、ダイナミックドライバーの高い音調表現を高レベルで両立。振動板には波紋状のサスペンションを組み込み振動を抑制する。

02
▲ケーブルにはタッチノイズを低減する特殊なコーティング加工を施す。しなやかで絡みにくい特性も有している。

03
▲コンピュータシミュレーションによって空気の流れを解析したハウジングには、背面にエアーフローを設ける。

最新ポップスともマッチングする適度なグルーヴが気持ち良い!!
04
ゼンハイザー
MOMENTUM In-Ear
実勢価格:1万2720円
型式:密閉ダイナミック型 ドライバー口径:非公表 再生周波数帯域:15〜22000Hz インピーダンス:18Ω

人気シリーズ初のインナーイヤー
ラグジュアリーな意匠で人気を博する「MOMENTUM」初のインナーイヤー。光沢感のあるレッドとブラックのコントラストが目を引く。音質はシリーズを受け継いでおり、人間工学に基づいた装着感も良好。

05
▲片面がレッド、もう片方がブラックというコントラストを効かせたケーブルを採用。タッチノイズを抑える構造。

06
▲コンパクトなハウジングに半透明のイヤーピースを装備。中央にディフューザーの入った独自の形状だ。

ハイレゾモデルで最も身近な入門機が意匠と音質を改め登場!
07
エレコム
EHP-CH3000
実勢価格:1万1660円
型式:密閉ダイナミック型 ドライバー口径:φ12.5mm 再生周波数帯域:5〜40000Hz インピーダンス:16Ω

低域の解像感を増してパワーアップ!
数百のポリエステル樹脂フィルムを積層した素材に、ラジアル構造のリブを設けた振動板を採用することで、高いレスポンスと解像感を両立。ドライバーとボールピース、マグネットを同軸上に配置する音孔構造で、低域から高域まで高レスポンスを誇る。

08
▲ネオジウムマグネットを振動板の前に配置することで、磁力の漏れを防止し、ダイヤフラムの振動速度をより加速させ、力強い低音を実現する。

09
▲ケーブルハンガーをネジ止めした部分をわざと見せるようなデザインを採用。独創的なデザインは、所有感も満足させてくれる。ハウジングは高剛性のアルミ素材を採用。

【2015年上半期を考察!! 今後は?】
新鋭ブランドの秀作に注目!
オーバーヘッドと同じくバランス型のサウンドが主流に。また、他社製品の開発生産で実績のあるメーカーが独自ブランドを立ち上げたり、エントリークラスを主に展開していたメーカーのハイエンド参入によって、知名度は低くても音質で侮れない新興ブランドが増えた。さらにナンバリングが想定される下半期に備え、新しいブランドも注目しよう。

10
▲全く新しいドライバー方式も生まれているが、基本的にはダイナミック型の改良を中心に、エントリークラスから音質の底上げが進むことで、群雄割拠の市場となっている。

文/増谷茂樹 撮影/江藤義典

※『デジモノステーション』2015年9月号より抜粋

関連サイト
製品情報(DM100)
製品情報(MOMENTUM In-Ear)
製品情報(EHP-CH3000)