Windows 10、気になる5つの新機能/「設定」画面

Win02-01

Windows 8でもチャームの設定から様々な設定を変更できましたが、階層が深い上に分類がイマイチわかりにくく、設定を探してさまようこともしばしば。しかも、ようやく設定を見つけて変更しようとしたら、コントロールパネルが開かれたり……。「最初からコントロールパネルでいいのでは?」と、思った人も多いかもしれません。

Windows 10の「設定」は、タッチ操作がしやすいという点はWindows 8と似ているのですが、一覧性がよくなったために比べ物にならないほど使いやすく生まれ変わっています。しかも、よほど細かい機能の変更でない限りは、コントロールパネルに頼ることなく設定を変更できます。さらに、「Windows Update」はコントロールパネルにはなく、設定の「更新とセキュリティ」からしか開けないなど、脱コントロールパネルが進んでいるのです。

<関連記事>
Windows 10、気になる5つの新機能/タブレットモード
Windows 10、気になる5つの新機能/タッチパッドジェスチャー
Windows 10、気になる5つの新機能/PDF出力(仮想プリンタ)
Windows 10、気になる5つの新機能/バッテリー節約

Win02-02
▲Windows 10の「設定」画面。ジャンル分けがわかりやすく、迷わずたどり着けるようになっています。また各設定の階層も浅くなるよう工夫されているので、どこにあるのかわからなくても、探し回るのはカンタンです。もちろん、右上から検索してもオーケー。

Win02-03
▲「パーソナル設定」では、背景画像の変更や色、テーマなどを変更できます。

Win02-04
▲「アカウント」では、Microsoftアカウントとローカルアカウントの変更、画像の変更、パスワード変更、同期の設定などが可能です。

Win02-05
▲Windows Updateは「更新とセキュリティ」から実行可能。自動での更新が基本ですが、新しい更新プログラムがないか手動でチェックすることもできます。

 

文/宮里圭介

関連リンク
Windows製品紹介ページ
マイクロソフト公式サイト