プロジェクターかよ! 明るさ6000ルーメン、それは最強の自転車LEDライト

digimono_6000lm01
「プロジェクターかよっ!」──と、思わずツッコミを入れたくなるほどの明るさを誇る、超強烈な自転車用LEDライトがクラウドファンディング「Kickstarter」に登場しました。そのケタ違いの明るさには、このところ自転車用ライトをいくつも紹介してきた我々も度肝を抜かれるレベル。なんと最上位の10灯LEDモデル『The Halo』では照度が6000ルーメンもあるとされており、大画面プロジェクターに匹敵するほどなのです。なにこれすごい。

digimono_6000lm02 digimono_6000lm03
▲10灯LEDの『The Halo』は、ライトが点灯していなくてもド迫力。強い(確信)。

これだけの明るさにはちゃんとした理由があり、マウンテンバイクでの夜間の山間・林間コース(トレイル)走行のために作られたエクストリーム・スポーツ仕様なのだそう。

digimono_6000lm04 addition
▲ライトのパワーが強力なため、バッテリーは本体と有線接続される外付け方式。

そのため明るさもさることながら、ラバーバンドでヘルメットに簡単装着でき、かつ木の枝などに引っかかっても外れにくい機構や、外部電源ケーブルといったパーツにも入念な安全設計が施されています。こうした強力なスペックは、ひょっとすると郊外から自転車通勤するライダーたちの深夜残業対策としても適しているかもしれませんね。

digimono_6000lm05 digimono_6000lm06
▲3灯LED式で1800ルーメンの『The XXX』(左)と、5灯式3000ルーメンの『The DS』(右)。

「いやいや、そこまで強烈なライトは都会じゃ必要ない」という人にも、3灯、5灯といった、このシリーズとしては控えめなLEDを搭載したモデルもありますよ。とはいえ、最小構成(3灯LED)モデルの『The XXX』でも1800ルーメンという十分すぎるほどの明るさがあります。

ライダー自身の視界確保はもちろん、夜道では自動車や歩行者からも視認されにくいケースが多い自転車だけに、強力なライトをうまく使えれば安全走行の大きな一助になってくれる……かも?「Kickstarter」での出資は5ドルより受付中で、テスター以外で6000ルーメンの『The Halo』が手に入るプランは1000ドルから。ちょっと手が出しにくい金額ですが、必要に迫られている人はぜひ思い切って出資を!

文/ワタナベダイスケ

関連サイト
製品情報 http://www.trailled.com
Kickstarterページ https://www.kickstarter.com/projects/852668481/led-helmet-lights-for-mountain-biking-atv-and-moto