スゴいと評判の『BALMUDA The Toaster』で色々なパンを食べてみた!

20150806_02_001

出張などでちょっと素敵なホテルに泊まった時など、朝から美味しいパンにありつけることがある。ホテルなどで出される焼きたてのパンはバターや小麦の香りが強く、食べていて幸せな気持ちになれる。しかし、それを自宅で楽しむことは現実的ではなかった。

そこに登場したのが、今回紹介している「BALMUDA The Toaster」だ。同社はデザイン性が高く、多くの独自機能を搭載する扇風機や空気清浄機など、空調家電を提案するメーカー。このたび同社が「Hello Kitchen!」というコンセプトともに、調理家電を開発。その第一弾が、このトースターとなる。

毎朝、パンを食べているという同社寺尾社長が、もっと美味しいパンを焼けるようにしたいという思いを具現化するため、さまざまなアプローチで開発は進められた。そこでたどり着いたのが、スチームと緻密な温度制御の2つ。これらを駆使して焼き上げたパンは、いつものパンとは思えない香り、風味、食感。毎朝、ホテルに負けない至福のパンが楽しめるようになるのだ。

 

スチームと過熱制御で最高のトーストが焼ける!
バルミューダ
BALMUDA The Toaster
実勢価格:2万4732円

20150806_02_002

スチーム技術と緻密な温度管理によりパンをより美味しく焼き上げることができるトースター。4種類のパンモードを搭載しており、それぞれにあったタイミングで加熱することで、焦げ目の有無も自由自在。表面はカリッと、中はふんわりした至福のパンが楽しめる。

SPEC
サイズ:W357×H209×D321mm 質量:約4.3kg 定格消費電力:1300W

20150806_02_003
▲本体左下に配置されているモードダイヤル。左からトースト、チーズトースト、フランスパン、クロワッサンモードを用意。さらに通常のオーブントースターと同様の300W、600W、1300Wの加熱モードも用意しているので、パン以外も焼ける。

20150806_02_004
▲ドアをオープンすると上部手前に現れるのがスチーム用の水を注入するための注水口。ここに付属のカップを使って5ccの水を入れてから、加熱をスタートする仕組み。5ccの水は素早く過熱されて水蒸気になり、パンを優しく包み込む。

■美味しさの秘密は?
スイッチを入れるとまずはボイラーヒーターが過熱され、給水パイプを伝ってボイラートレイに貯めれた水が水蒸気になる。水蒸気は空気よりも早く過熱されるため、それがパンの周りを覆い、表面を軽く焼く。このことでパンの中の油脂成分や水分を閉じ込めることになる。そしてこの後、上下のヒーターを細かく切り替えながら焼いていくのだ。

20150806_02_005
▲「BALMUDA The Toaster」の断面図。本体の前側に設置されたスチーム吹き出し口から放出されたスチームがパンを包み込みながら、庫内に充満していくのがわかる。庫内の湿度が高まるため、パンの水分も逃げない仕組みだ。

20150806_02_006
▲まずは庫内を60℃前後に温めて、デンプンのα化を促進。そして160℃前後でパンを表面を色づくぐらいに過熱。最後に220℃前後の温度帯まで高めて、表面をカリッと仕上げる。

 

【色々なパンを焼いて食べてみた!】

■毎日のトースト
香ばしい香りが鼻腔をくすぐる!いつものパンが最高のトーストに
20150806_02_007
コンビニなどで買った気取らない毎日のパンが最高の焼き上がりに仕上がる。焼け上がったらすぐ口元に持ってくると、その香ばしい香りに驚くはず。

■ガーリックバターバケット
ガーリックバターの風味がやみつきになる
20150806_02_008
ガーリックバターを塗ってからトースターにイン。焼いている最中から、ガーリックの香りが漂ってくる。身の部分はしっとり柔らかく、皮の部分は香ばしくパリッと仕上がる。

■チーズトースト
トーストの上でチーズが踊る・延びる
20150806_02_009
シュレッドチーズやチェダーチーズ、そして好みによってはブルーチーズなどを刻んでトーストの上に。チーズトーストモードで焼くだけで、こんがり踊るチーズが楽しめる。

■クロワッサンサンド
サクサク食感のクロワッサンを食事に
20150806_02_010クロワッサンモードで焼くことで、焦がすことなく表面サクサク、中フワフワに仕上がったクロワッサン。中にチーズとトマトを挟めばそれだけで十分な食事メニューになった。

■バケットサンド
しっかり食感のフランスパンをサンドにしてガッツリと
20150806_02_011
これも横方向に切れ目を入れておいてフランスパンモードで焼く。焼け上がったら好きな食材をサンド。中がフワフワに仕上がっているので、見た目よりも重くなく美味しく食べられる。

 

文/コヤマタカヒロ 撮影/下城英悟(Green House) スタイリング/窪川勝哉

※『デジモノステーション』2015年9月号より抜粋

関連サイト
『BALMUDA The Toaster』製品紹介ページ