チャリで来た!? いや、ペダルで充電できる電動バイクなんです

01

エコでデジタルな時代の優等生、いわば“ボーン・トゥ・ビー・マイルド”な電動バイク。

電動バイクではバッテリーの持ちが不安、電動アシスト自転車ではパワー不足……電動の“チョイ乗り”にベストな選択肢が見つからないなら、「モペッド(自転車にもなるペダル付きオートバイ)」というのもありますよ。今回ご紹介したいのはそんな電動モペッドの『BOLT M-1』です。

02

▲クラシックっぽいデザインですが、正真正銘21世紀生まれの電動モペッドです。

見ての通りペダルを漕いで自転車として乗ることもできますし、スタンドを立てた静止状態で漕ぐことによって、人力充電ができるというのもポイント。どのくらいの電気を生み出せるのかはわかりませんが、「ペダルがあるのなら、とりあえず発電機能をつけとこう」という発想は大好き。

03

▲かなりミニマムな車体構成ゆえ、バッテリーが納まるスペースはタンク部しかないですよね。

レトロなデザインながら100%電動のモペッドで、最高時速32km/行動範囲約80Kmのエコノミーモードと、行動範囲こそ狭まるもののトップスピードが倍増する、オフロード向けのスポーツモードを切り替え可能。タンクに相当する部分が交換可能なバッテリーで、電源からのチャージ時間は5時間(急速充電1.5時間)とのこと。

04

▲この画像だけ見るとハイテク電動バイクらしさを感じます。

ダッシュボードにUSBポートを備えていたり、スマートフォンの装着ができるなど、見た目に似合わずデジタル装備がしっかりしているのは嬉しいところ。そんな『BOLT M-1』は、すでに初回生産分が売り切れとなっており、再生産の予約待ちという状態に。「これぞオレにふさわしい乗り物!」とビビッときてしまった人は、公式サイトのフォームからメール登録をしてみてくださいね。

文/ワタナベダイスケ

関連サイト
製品情報