「S-Style」シリーズの空気洗浄機と加湿器のデザインにホレそう

01

シンプルな形状の空気洗浄機&加湿器……。

シャープが一見、空気洗浄機や加湿器に見えないオブジェのようなデザインを採用した「S-Style」シリーズ製品プラズマクラスター空気洗浄機『EP-FX2-W』プラズマクラスター加湿器『HV-EX30-W』を発売します。発売時期は空気洗浄機が9月19日から、加湿器は10月20日からです。予想実勢価格は空気洗浄機が4万8600円前後、加湿器は予想実勢価格3万2400円前後。

02

『EP-FX2』は、一部が透明なデザインで空気を洗浄する送風ファンの動きが見えるうえ、空気が浄化された際に吹き出し部にあるモニタから色で知らせる仕組み。ファンはトンボの羽根を応用した薄型のものを採用しているとのことです。

“高濃度プラズマクラスター25000”や、細かな粒子まで検知する“高感度ホコリセンサー”を搭載し、0.3マイクロメートルの粒子を99.97%以上捕集できる“正殿HEPA・脱臭一体型フィルター”を採用。これでハウスダストなどの悩みは一気に解決できるのではないでしょうか。

03

『HV-EX30』は、水量や部屋の湿度を7色のイルミネーションで表現するのが特徴です。また、毎時最大300mLの本格的な加湿仕様にも注目。しかも、サイズも幅345×高さ347×奥行き207mmとかなり小型で置き場所に大きなスペースをとらなくて済みます。

05

▲タンクの水が減っていくとイルミネーションが変化していくつくり。減ればだんだんと赤色に近づいていきます。

サイズにしろ価格にしろちょっと大げさな製品も多い空気洗浄機と加湿器ですが、このくらいのサイズなら置いてもいいかなという人は購入を考えてみてはどうでしょうか。

文/山下佑樹(編集部)

関連サイト
S-Style製品情報