【Windows 10】標準なのに“使える”アプリ5選【「フォト」編】

07-00

標準の写真表示・管理アプリとして搭載されている「フォト」。今までWindowsを使ってきた人であれば使い慣れた写真表示アプリをインストールしてしまうと思いますので、かなりの確率で使われないアプリになっているのではないでしょうか。しかし、実はWindows 10では以前のフォトから大きく進化しているのです。最大の違いは、今までは小さなサムネイル画像を並べるだけだった表示に、「コレクション」「アルバム」という2つのモードが用意されたことです。

「コレクション」は日付ごとに新しい順で写真を一覧表示してくれるモードです。写真をフォトフォルダへコピーしておいても自動で日付順に並べ替えてくれるので、後でサムネイルとにらめっこしながら探して回る……なんてことがありません。

もうひとつのモードとなる「アルバム」は、代表的な写真をピックアップして、自動でアルバム化してくれるものです。似た写真を多数撮影していても自動でスキップしてくれるので、すべての写真を表示するよりすっきりと見やすくなります。アルバムに登録する写真はあとから手動で追加することもできます。
意外と便利なのが編集機能。回転や傾き調整、色調整、特殊効果など、写真を見栄えよくしてくれる機能を多数搭載しています。高度なフォトレタッチはできませんが、Facebookなどへ投稿する写真をちょっと手直しするくらいなら、十分な機能です。

07-01
▲すべての写真を一覧表示するのが「コレクション」。日付の新しい順に自動的に並び替えてくれます。

07-02
▲代表的な写真を集め、自動的にアルバムを作ってくれるのが「アルバム」。アルバム写真の追加や削除は、後から手動で変更できます。

07-03
▲回転や傾き調整のでいる「基本修正」、コントラストや影の濃さを変えられる「ライト」など、編集機能を多数装備。

07-04
▲「カラー」のカラーブーストを使うと、一部の色だけ強調したり弱くしたりできるのがおもしろい。

 

文/宮里圭介

関連リンク
Windows製品紹介ページ
マイクロソフト公式サイト