なんということでしょう! スマートミラーが日当たりを劇的に改善

digimono_lucy01

「光あれっ!」(ぴかーん!)

都市部の住宅事情だと、どうしても日当たりの悪い部屋に住まざるを得ないことだってあります。でも太陽の光を浴びることは、心とカラダの健康のためにとっても大切ですよね。そんな日照問題を解決してくれるアイテムが、日光を反射して部屋に自然光を取り込んでくれるミラー『Lucy』です。この製品を作ったベンチャー企業のSolenica社は、携帯電話チップで知られるの通信機器メーカー米Qualcomm社の研究センター内にオフィスを構えてるんだそうです、意外や意外。

digimono_lucy02
▲日当たりの良い場所に置くだけで、お部屋に自然光を取り入れてくれます。

digimono_lucy03
▲Lucyを使った部屋の日当たりビフォーアフター。なんということでしょう!

Lucy s sun-tracking animation (mpLL4 720p) from Solenica on Vimeo.

単なる鏡とちがい、太陽の位置をリアルタイムでトラッキングして自動的にミラーの向きを調整してくれるのが賢いところ。太陽を目視できる時間帯であれば、設置した後は操作不要で光を送り届けてくれますよ。ちなみに『Lucy』は直径30cm、重量2.5kgとポータブル。季節によってはしまっておいたり、部屋やベランダの模様替えにも柔軟に対応したりできそうです。

This is Lucy from Solenica on Vimeo.

公式サイトでは予約オーダーの受付が開始されていて、価格300ドルのところが今なら199ドルにディスカウント中。もちろん配送先として日本も選択可能です。単純な明るさだけなら照明機器で補えますが、自然の光を浴びることで健康面にもメリットがあるというのがセールスポイントの『Lucy』、今後はこのように自然光を活かすアプローチの照明が増えていくのかもしれませんね。

文/ワタナベダイスケ

情報元:
Lucy製品情報