スマート・コンパクト・リーズナブルと3拍子そろったスタンドはいかが?

150821fishbone_01

スマートフォンやタブレットが溜まってくると、机の上の置き場も大変ですよね。さらに、電源タップは充電器で常に満員状態。複数口のある電源アダプタを使っても、こんがらがるケーブル問題は解決しません。複数台のスマートフォンやタブレットをコンパクトに収納し、ケーブルをきれいに片付け、電源アダプターもスマートに片付けるいい方法はないものでしょうか?

今回紹介する『Fishbone USB Charging Station』は、これらの問題に一台で対処し、しかもリーズナブルという願ったり叶ったりの製品です。

まず本体は「Fishbone」という名の通り、魚の中骨を連想するようなギザギザの構造。この出っ張った板の隙間にケーブルを巻きつけ、同時に5台までのスマートフォンやタブレットを立てかけていくことができます。奥に行くに従って支えの板が少しずつ大きく、また幅も広くなる構造なので、後ろにタブレット、手前にスマートフォン、と並べて使いやすくなっています。

fishborn
▲長いケーブルはぐるぐる巻きつけてちょうどいい長さに調整。クッション代わりにもなります。

背面には5基のUSBポートがあり、それぞれが最大2.4A、5ポート合計で6.8Aまで給電できます。全ポートが機器に合わせて最適な電流に調節するので、どのポートにケーブルを刺すか、などは気にする必要がありません。

fishborn2
▲たとえば2.4A給電の『iPad Air 2』と、2.1A給電の『iPhone 6 Plus』を繋いだ場合、あと1A給電のスマートフォンが2台まで接続できます。

スマホ/タブレット用スタンド兼充電器という製品は数多く販売はされていますが、『Fishbone』はこの手の製品としてはかなりお安い39ドル(約4800円)という手頃な値段が魅力。12月出荷予定の『Fishbone』は現在、「Kickstarter」で資金調達中です。

文/倉田吉昭

関連サイト
Fishbone製品情報