Windows 10をちょっと便利に使う秘技5【スナップ編】

12-01

「スナップ」でウィンドウをキレイに並べて使う

複数のウィンドウを同時に開いて使っていると、どうしても悩んでしまうのがウインドウの管理です。ウインドウが重なっていると使い難くなりますし、かといって余裕をもって並べれば、ウインドウを開いておけるスペースが狭くなります。

こんな時に便利なのが、ウインドウをぴったり並べられる「スナップ」機能。左右どちらかの端まで移動すると半画面サイズになり、残りのスペースに表示できるアプリ一覧が並びます。ここでアプリをクリックすると、2つのアプリを画面いっぱいに並べられるわけです。

さらに多くのアプリを並べたいときは、ウインドウをドラッグし、画面の四隅に移動しましょう。この場合、ウインドウが1/4画面サイズになるので、最大4つのアプリを並べられます。

なお、スナップで変更されたウインドウサイズは、もう一度ウインドウをドラッグして動かせば元のサイズに戻ります。ウインドウを並べるのではなく、一時的に大きく表示したいといった場合にも活用できますね。

12-02
▲ウインドウをドラッグしたまま左端に移動すると、左半画面に半透明なウインドウが表示されます。これが、スナップで半画面サイズになるというサインです。

12-03
▲ボタンを離すと半画面サイズぴったりの大きさになります。残りの画面に表示するアプリを選べば、2つのアプリが並べられます。

12-04
▲四隅も活用すれば、最大4つのアプリをきっちりと並べられます。なお、1つめのウインドウをスナップした後、ウインドウサイズを変更すれば、分割比率を変えることもできます。

おまけ:
このスナップ機能、かってにウィンドウサイズが変更されてしまうことから、逆に煩わしく感じる人もいるかと思います。こんな場合はスナップ機能をオフにしましょう。「設定」の「システム」、「マルチタスク」から、動作を変更できます。

12-05
▲スナップ機能を使いたくない人は、ここから機能をオフにできます。

 

文/宮里圭介

関連リンク
Windows製品紹介ページ
マイクロソフト公式サイト