iPhone & Android両対応のお手ごろ「SmartBand 2」がもうすぐ登場です

digimono_smartband2_01

「Apple Watchはちょっと高くて……」そんな人に朗報です。

ソニーモバイルが9月の発売を発表したウェアラブル機器の新作『SmartBand 2 SWR12』は、同社「Xperia」シリーズをはじめとしたAndroid端末のみならず、iPhoneやiPadなどのiOSデバイスにも対応するフィットネス&健康志向スマートリストバンド。発表された小売価格も119ユーロ(約1万6000円ほど)と、ウェアラブル初心者にも手が届きやすいお値段です。


▲公式のプロモーションムービーがこちら。

従来モデルから大きく変わった点としては、心拍数センサーによってスポーツ時の運動強度をモニターしたり、日常生活におけるストレスを知ることができるということ。普段から身につけていることで、その日の歩数から睡眠の質までをしっかりと記録してくれます。

digimono_smartband2_02
▲バッテリー持続時間はノーマルモードで2日間、スタミナモードなら5日間ですが、スポーツ時など心拍計モードを有効にした場合では最大10時間。防水防塵はIP68で、3mまでの水没に耐えられます。

まだiOSアプリこそ公開されていないものの、GooglePlayではすでにAndroid版アプリが公開されていて、アプリ画面の様子や利用できる機能についてチェックすることができます。

digimono_smartband2_03
▲『SmartBand 2 SWR12』本体が備える通知機能はLEDと振動だけですが、アプリではかなり詳細な情報を確認できるようですね。

いまのところ日本での発売はアナウンスされていませんが、Apple Watch以降は家電量販店の店頭などでもウェアラブル機器のコーナーを見かけることが多くなってきていたりと、注目されるジャンルのひとつ。60カ国で発売されるというので、当然国内販売についても大いに期待できますね。

文/ワタナベダイスケ

関連サイト
SmartBand2 SWR12製品情報(英国)