なぜ今までなかった!? 普段使いできるお手軽四輪ローラースケート

150827_walkwing01

より楽チンに、より安全に。

ローラースケートやスケートボードって、気軽に持ち運べるラクチンな移動手段に見えて、実は道路においてはは危険な存在。走行中の安定感に不安があったり、きちんとブレーキをかけられないといった面で、世間からは冷たい目で見られがちですね。特にローラースケートは最近はやりの「ウエアラブル」な移動手段でもあるだけに、きちんとしたアイテムの登場を待ちわびているユーザーも多いのでは?

そんな情勢に一石を投じるかもしれないのが、誰でも簡単に装着できる四輪ローラースケート『Walk Wing』。従来のローラースケートにありがちだった安定感のなさや、履くまでの手間といった弱点が大きく改善されています。

150827_walkwing02
▲ローラースケートの進化の次世代に位置付けられるのかもしれません。

靴底からの空間が少ない低床式の四輪構造を採用することで、これまでのローラースケートよりも重心が低く、カカトにはブレーキを装備。また普段から着用している靴の上から簡単に装着できる構造なのも嬉しいところです。お気に入りのスニーカーの上から必要に応じて『Walk Wing』を取り付けるなんてこともラクラク。

150827_walkwing03
▲シューズの上から履く仕組みなので、使いたいときだけ専用バックパックから取り出すなんてこともアリ。

150827_walkwing04
▲カカト部分にあるレバーで、車輪を引き出したり収納したりという操作が簡単にできます。

専用のバックパックも用意され、普段は背負っておいてサッと取り出すなんてこともできるのだそう。また、ホイールはカカト部分のレバーで収納できるので、車輪が必要ないときには即座にしまっておけるのです。

こうして見るとなかなか良さげな次世代ローラースケートに見えますが、やはり急ブレーキなどには従来通りの配慮が必要ですし、もちろん日本国内では許可された場所以外での使用はできません。とはいえ、制度の縛りはありながらも、少しずつガジェット自体はより便利に、より安全になる方向に進化をしていくものなのかもしれませんね。

この『Walk Wing』は現在「Indiegogo」で出資を募集中。さて、最先端ローラースケートの未来はどうなるのか注目したいところです。

文/ワタナベダイスケ

関連サイト
Walk Wing製品情報
Indiegogoページ